« 秋色に染まり始めた尾瀬ヶ原をあるく | トップページ | ポケットラジオ購入 »

穂ずれさやけき霧ヶ峰高原

P1080307

 天気が良くても山に行けない週末が続いています。先週末は研修受講、この週末は長男の学童保育の運動会、次の週末は二男の小学校の運動会、その次の週末は……といった感じ。こうして9月は今日で終わってしまいます。本格的な紅葉シーズンを前に、8月の家族旅行での積み残しネタをちょっとだけ拾っておきます。
 と言っても写真だけ。霧ヶ峰主峰の車山頂上からの眺望(写真上)と諏訪湖の夕景(同下)。なお、タイトルは『青葉城恋唄』の詞からパクりました。3番の「吹く風やさしき―」でもよかったのですが、6月の某記事と同様、1文字だけアレンジしています。

P1080209

 車山には駐車場から頂上直下までリフトが通じています。夏と秋がせめぎ合う頃で、ススキの穂の擦れる音がなんとも清々しい高原の頂でした。山頂部は富士山も望める360度の大展望。遠くに見える美ヶ原(写真右奥)の左背後には、穂高、大キレット、そして槍ヶ岳へと続く北アルプスの稜線もはっきりと見えていました。諏訪湖の夕焼けは雲に阻まれ不発に終わりました。

(第631号)

|

« 秋色に染まり始めた尾瀬ヶ原をあるく | トップページ | ポケットラジオ購入 »

コメント

アトムさん、おはようございます。
霧ヶ峰には、高校の寮があったので学校の行事やら成績不良の補習やらで数回行きました。もう40年ほど前のことですが、ニッコウキスゲがたくさん咲いていたのをかすかに覚えています。

先日の龍宮では、私の先輩たちと一緒だったようですね。あの人たちに毎月写真の批評をビシバシ受けています。

あと一ヶ月で小屋閉め、早いですね。
ではでは。

投稿: youic | 2013年10月 2日 (水) 07時46分

アトムさん
おはようございます。

毎どながら、今回の画像も素晴らしいのを拝見
いたしました。

知る限り、夕焼け、朝焼けをお撮りに
なったらぴか一ですね。
勿論その他の写真も、当方はただ驚くばかりです。
真似たいが
とどかぬ心技
秋の空

投稿: 好日奥武蔵 | 2013年10月 2日 (水) 08時56分

>youicさん、ご無沙汰しています。
成績不良で霧ヶ峰送りなら、勉強するのがアホらしくなりますね。なんともうらやましい高校です。もっとも40年前だと当時の若者にとっては「幽閉」かもしれませんね。

先日の龍宮ではタッチの差でした。youicさんのお知り合いの方たちとは少し言葉を交わしましたよ。youicさんに「批評をビシバシ」なんて上には上が…ですねえ。私なんか豆粒センサーのコンデジ番長で土俵にも上がりませんね。
小屋締めまでにあと1・2回は入られるのでしょうか、私もそうしたいです、お会いできると良いですね。

>好日奥武蔵さん、いつもありがとうございます。
雲の表情が好きなので、空を写していることは多いですね。なかでも、夕焼け、朝焼けは大好きですが、問題はなかなか現れてくれないことです。ぐうたらまんなのでキホン朝は起きられませんし、出た夕焼けも逃しているのは先日書いたとおりです。
写真はシャッターを押す瞬間が楽しいです、結果はどうでもよくはありませんが、まず思い通りの結論は得られませんから、あまり気にしません。なので斯様なお褒めのお言葉を頂戴するのが不思議でなりません。きっと隣の芝生でそれがかなり青く見えているのでしょう。

投稿: 鉄まんアトム | 2013年10月 2日 (水) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋色に染まり始めた尾瀬ヶ原をあるく | トップページ | ポケットラジオ購入 »