« 瑞々しき梅雨の尾瀬へ(尾瀬沼編) | トップページ | 谷川岳天神尾根をあるく »

谷川岳に登る

P1060106

 今年は大江湿原のニッコウキスゲがそこそこ良い、との情報を得て、週末の尾瀬沼日帰りを企みました。ただ、2週間前にも行ったばかり。たまには目先を変えてみようと尾瀬は今回見送って、上越国境の谷川岳に登ってきました。谷川岳の標高は2000mにも満たないのに、アルプス3000m級の景観が楽しめます。平標山へと続く谷川連峰主脈の眺望は壮観で、この日は上信越の山々を一望、苗場山の奥には遠く白馬連山も光っていました。

P1060255

 雲の多い空模様ながら眺望は全方位まずまずで、尾瀬の燧ヶ岳から会津駒ヶ岳連峰、日光連山、そして富士山も見えていました。山頂部にはお花畑、エーデルワイス近縁のホソバヒナウスユキソウはほぼ終わっていたものの、ミネウスユキソウがたくさん咲いていました。詳しくはまた日を改めて紹介します。

(第616号)

【日を改めて…の記事】 谷川岳天神尾根をあるく(第617号)

|

« 瑞々しき梅雨の尾瀬へ(尾瀬沼編) | トップページ | 谷川岳天神尾根をあるく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 瑞々しき梅雨の尾瀬へ(尾瀬沼編) | トップページ | 谷川岳天神尾根をあるく »