« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の7件の記事

谷川岳天神尾根をあるく

 前号で「詳しくはまた日を改めて……」なんて言ってみたものの、実のところ、特筆して紹介できるようなネタも写真もありません。ですので、山頂付近の眺望とお花畑のいくつかを振り返る程度に留まります。お許しください。

P1060219
▲谷川岳北峰オキノ耳(1977m)付近より南峰トマノ耳(1963m)を望む。左中程の緑地が天神平(1320m)で、眼下には水上市街、そして背後に赤城山の姿。足元に咲いているミネウスユキソウのなかに、咲き残りのホソバヒナウスユキソウを写し込んでみました。

続きを読む "谷川岳天神尾根をあるく"

| | コメント (5)

谷川岳に登る

P1060106

 今年は大江湿原のニッコウキスゲがそこそこ良い、との情報を得て、週末の尾瀬沼日帰りを企みました。ただ、2週間前にも行ったばかり。たまには目先を変えてみようと尾瀬は今回見送って、上越国境の谷川岳に登ってきました。谷川岳の標高は2000mにも満たないのに、アルプス3000m級の景観が楽しめます。平標山へと続く谷川連峰主脈の眺望は壮観で、この日は上信越の山々を一望、苗場山の奥には遠く白馬連山も光っていました。

P1060255

 雲の多い空模様ながら眺望は全方位まずまずで、尾瀬の燧ヶ岳から会津駒ヶ岳連峰、日光連山、そして富士山も見えていました。山頂部にはお花畑、エーデルワイス近縁のホソバヒナウスユキソウはほぼ終わっていたものの、ミネウスユキソウがたくさん咲いていました。詳しくはまた日を改めて紹介します。

(第616号)

【日を改めて…の記事】 谷川岳天神尾根をあるく(第617号)

| | コメント (0)

瑞々しき梅雨の尾瀬へ(尾瀬沼編)

 5年連続での7月上旬の尾瀬歩き。前号では、初日に歩き通した尾瀬ヶ原のようすを紹介しました。雨のおかげで瑞々しさは堪能できましたけれども、望んでいたよりも雨の降りが強く、メインのカメラはザックに仕舞い込んでしまうほどでした。本記事はその尾瀬沼編です――。

P1050340
▲尾瀬ヶ原と同様、新緑のヤマドリゼンマイ、純白のワタスゲ、そして深紅のレンゲツツジが織り成す風景が狙いですけれども、ワタスゲは不作、レンゲツツジも終盤でした。何よりも構図が微妙ですが、今回撮った中ではこれが一番まとも。来年以降の宿題になりました。

続きを読む "瑞々しき梅雨の尾瀬へ(尾瀬沼編)"

| | コメント (2)

瑞々しき梅雨の尾瀬へ(尾瀬ヶ原編)

 前号にて白状したとおり、5年連続で7月上旬の尾瀬を歩いてきました。尾瀬ヶ原と尾瀬沼の縦走は2泊がベストですけれども、そうそう余裕もなく、初日に原を歩き通して沼で1泊する行程を組みました。本記事はその尾瀬ヶ原編です――。

P1040777
▲今年はコバイケイソウ(小梅蕙草)の当たり年で、研究見本園の湿原を白く染めるほどの豊作です。猪狩貴史著『尾瀬植物手帳』によれば、花には4~5年周期の豊凶があるとのこと。私がここまでの咲きぶりを見たのは初めてです。ちなみに、コバイケイソウは毒草です。

続きを読む "瑞々しき梅雨の尾瀬へ(尾瀬ヶ原編)"

| | コメント (2)

瑞々しき梅雨の尾瀬へ(プロローグ)

P1050353_1

 今年も7月初旬の尾瀬を歩いてきました。大半が雨の中でしたけれども、それは望みどおりでもあって、一年を通して最も瑞々しい尾瀬を感じてきました。過去4年は尾瀬ヶ原ばかりだったので、今年は原を通り抜けて尾瀬沼にも足を運んでみました。尾瀬沼東岸の大江湿原にはヤマドリゼンマイの萌え緑が広がっていました。

 この緑の中にワタスゲが点々としている風景が好きなのですが、今年は不作のようでほとんど見られません。代わってコバイケイソウが当たり年で、尾瀬のあちらこちらで白い花が咲き誇っていました。この様子その他は、また日を改めて紹介します。

P1040927_1

*撮影/2013年7月7日 大江湿原(写真上)と尾瀬ヶ原上田代(同下)にて/LX7
*このほかの尾瀬関連記事は、カテゴリ「尾瀬」をクリックしてご覧下さい。

(第613号)

| | コメント (2)

今年も行きたい梅雨の尾瀬

 7月初旬は尾瀬も梅雨の真っ直中。曇りや雨の日が多く訪れる人も疎らですけれども、たくさんの花が咲いて湿原の緑もいきいき、一年を通して尾瀬が最も瑞々しい頃でもあるのです。すべての人にお薦めしています。
 5年にわたって続いている尾瀬通いは、2009年のこの時季に、ふと尾瀬ヶ原に行ってしまったのが事の始まりです。それから4年連続で毎年7月初旬には必ず足を運んでいます。ぜひ今年も行きたいところですが、いまのところ予定は未定です。

P1120244
尾瀬ヶ原山ノ鼻、尾瀬植物研究見本園にて2010年7月3日撮影
LUMIX DMC-LX3 プログラムAE,Av2.8,Tv1/320,ISO80,WBauto,EV+1/3

(第612号)

| | コメント (0)

歩きタバコの10人に声を掛けてみました…

Img_0897

 川越市では、条例により、市内全域の道路、公園その他の屋外の公共の用に供する場所において、喫煙をしないよう努めなければなりません(=義務です)。さらに駅周辺など指定された「路上喫煙禁止地区」での喫煙には、過料の制裁も科せられます。
 しかし、条例の実効性は乏しく、市内の道路等で喫煙している人を見ない日はありません。ついに先日、車いすの二男に火の着いたタバコが触れる事態も現実となりました。そこで私は、禁止地区内で、とくに迷惑かつ危険とされる歩行喫煙(歩きタバコ)をしていた男女10人に声を掛けてみました。「ここは喫煙が禁止されている場所ですよ」と――。

続きを読む "歩きタバコの10人に声を掛けてみました…"

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »