« さやかなる水鏡の尾瀬ヶ原に立つ | トップページ | 大菩薩峠をあるく »

雪解けすすむ尾瀬ヶ原をあるく

 雪解けがすすむ尾瀬ヶ原を歩いてきました。入山は前年と同じ5月17日のこと。丸2年の間も姿を消していた、鳩待峠の登山道入口に立つ「尾瀬ヶ原方面」の標識が復活していて、うれしくなりました。

R0032744

 前2号にて上田代の逆さ至仏を中心にレポート(※末尾にリンク掲載)しましたので、本号ではそれ以外についてかいつまんで記録しておきたいと思います。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

▼この時期の見どころの1つ、アカシボ。研究見本園の見頃には数日早かったようです。アカシボも年に数日だけしか見られない珍しい現象です。
P1020382

▼逆さ至仏はゆるぎ田代以外でも。例えば、水で溢れた上ノ大堀川にも倒影します。<GXR>
R0033181

▼中田代下ノ大堀の水芭蕉ビューポイント。残雪の景鶴山が美しいです。<GXR>
R0032829

▼ビューポイントでも逆さ至仏が見られました。
P1020215

▼初日の昼食、2日目の朝食、ともにココのベンチで頂きました。滔々と流れる水の音、鳥のさえずり、そして目の前のこの風景。何を食べてもごちそうです。
P1010484

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

▼龍宮小屋の前にはまだ残雪あり。招き猫も健在。
P1010614

▼ふだんは乾燥して荒涼とした草原が広がる下田代にも、水のある風景。
P1010585

▼ヨッピ橋近くの通称イモリ池に浮かぶ氷の塊。こういうのが1日で溶けてなくなったりするから不思議です。
P1010647

▼中田代には残雪はほとんど見られず、ヨッピ道の牛首近くは水たまりに。
P1010708

▼中田代の一本シラカバ越しに望む林際のブナがいっせいに芽吹いている様子。
P1010714

▼結氷する逆さ燧の大地塘に降り注いでいるのは春の光。
P1020086

▼山ノ鼻小屋の2階「モウセンゴケ」の部屋から見た白い景色も、今週にはもう雪がなくなっていることでしょう。
P1010797

▼ミズバショウは、テンマ沢湿原と下ノ大堀ビューポイントにわずか。きっと、今週末あたりから各地で見頃を迎えていることでしょう。<GXR>
R0032775

 今回の尾瀬は、前2号でお伝えしたとおり、上田代での快晴の至仏倒映が見られただけでとにかくもう大満足でした。残雪期のおわりは尾瀬が水で溢れている時期でもあり、日ごとの変化が激しく、たった1日で風景が一変しているおもしろさがあります。清らかな雪解け水で心洗われる2日間でした。

【前2号の逆さ至仏レポート記事】
至仏山を映す尾瀬ヶ原にて(第602号)
さやかなる水鏡の尾瀬ヶ原に立つ(第603号)

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

<おまけ1> 山ノ鼻小屋の夕食。美味です。
P1010789

<おまけ2> 戸倉山林は今年も新緑の美しい頃でした。P1020561

*撮影 2013年5月17~18日
*機材 DMC-LX7 ※冒頭と<GXR>の付記あるものはGXR+GR LENS A12 28mm

(第604号)

|

« さやかなる水鏡の尾瀬ヶ原に立つ | トップページ | 大菩薩峠をあるく »

コメント

鉄まんアトムさん

どれも これも
私の表現力では言い尽くせない
尾瀬の 素晴らしい 写真ですね

流石にかなりの尾瀬病・重症とお察しいたします。
お大事にと言っていいのか
病状の進行おめでとうと云っていいのか
どっちなんでしょう。

投稿: 飯能の山人 | 2013年5月26日 (日) 21時31分

飯能の山人さん
私の写真は相変わらずTTP(良い作品をみて徹底的にパクル)ですから、しょせん模倣に過ぎません。ただ、この真似るだけ、が相当に難しくて、思っているような結果に繋がっていないのは毎度のことです。

今年の尾瀬はいまのところ全くの白紙です。去年の今頃はもっとガツガツしていましたから、病状はいくぶん和らいでいるかもしれませんね。今後は隙間を埋めるように行ってみたい気がします、6月初旬の尾瀬沼とか…(笑)。

投稿: 鉄まんアトム | 2013年5月27日 (月) 19時11分

スカッとした青空が気持ちよいですね。見本園の赤シボ、氷が溶けかけのイモリ池、どちらもいいですねぇ。これは、私が行かなかった所の写真。
「なんで来ないんだ!」と言われているようです。

こんなにいい天気を連れて来ていただき、ありがとうございました。
私はだいたい、曇りのち雨男です。
またいい天気を連れて来ていただけることがありましたら、教えてください。

投稿: youic | 2013年5月27日 (月) 23時15分

youicさん、こんにちは。
彩度を上げて作ったような青空ばかりですが、ほとんど修整していません。カメラが記録したままの色で、これぞパナカラーといった感じでしょうか。目的が尾瀬ヶ原湖で、あの尾瀬ヶ原湖を見てしまったら、あとはもうどうでもよくなってしまいましたね。

曇りのち雨、いいじゃないですか!
その前触れがあの金賞の素晴らしい朝焼けなんでしょうか、晴れちゃったら焼けませんからね。今回の晴れはそんなyouicさんの“金”運がもたらしたのだと思います。私は御利益のおこぼれにあずかれて幸運でした。今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: 鉄まんアトム | 2013年5月28日 (火) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さやかなる水鏡の尾瀬ヶ原に立つ | トップページ | 大菩薩峠をあるく »