« 奥武蔵の二子山から武川岳をあるく | トップページ | 至仏山を映す尾瀬ヶ原にて »

有間山稜を越えて奥多摩三ツドッケを目指す

 先週末は雨の予報で山はお休みする予定でしたが、日曜が晴れる見込みと聞いて飽きず懲りずの連続5週山行を決めました。目指したのは奥多摩の三ツドッケ(天目山、標高1576m)で、埼玉側から有間山稜を越えていくルートを取りました。

P1000968
 三ツドッケ頂上から奥武蔵主脈(北側)を望む。写真左端のコブが武甲山で、右端の凹みが有間峠。この写真にはありませんが、武甲山のさらに左側には日光白根山や至仏山も見えていました。

P1000973
 身体の向きを180度変えて南側を望むと石尾根全景。鷹ノ巣山と三頭山の間に富士山がいるはずですが、あいにく留守でした。

▼石尾根全景のパノラマ写真。川苔山、奥多摩三山、長沢背稜の山並みの奥に北八ヶ岳までを写している。
P1000928

▼天目背稜を中心にしたパノラマ写真。有間山稜、奥武蔵と奥多摩の各主脈、そして石尾根を写している。
P1000977

 富士山がキッチリ写せたら展望図をつくってみたいと思います。

     *     *     *

 ところで、かつて三ツドッケは、樹木に遮られ眺望の山頂ではありませんでした。それが一転2005年頃に山頂一帯が伐採されて、奥多摩随一の大展望の山となりました。報道によると、都内の無職男性が見晴らし欲しさに勝手に木を伐ったため。国立公園内での無断伐採は違法です(男性は送検済み)。

 この行為には賛否あるところ、多くの人がこの展望を楽しんでいるのも事実。違法だからダメなのか、木を伐ること自体がダメなのか、観光(産業)か保護(自然)かで揺れる各地の悩みにも通じています。
 しかし、武甲山を削り取ってしまうのは良くて三ツドッケの木を伐るのは悪いというのは、法的には決着がついているにせよ、調和の観点からは疑問を差し挟む余地が生まれて問題は複雑といえましょう。ただ、武甲山の山容も、三ツドッケ頂上の足元も、どちらも自然への配慮が感じられず無残な様子に心が痛むのは変わりありません。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 さて、三ツドッケには、東日原(標高620m)からヨコスズ尾根を約3時間かけて登るのが最短かつメインルートです。単純に956m登ります。
 一方の有間ルートは、広河原逆川林道の有間峠を基点に、日向沢ノ峰の北方で天目背稜に取りつき、蕎麦粒山を乗り越して長沢背稜に向かって歩きます。こちらは約4時間かかりますが、有間峠の標高が1149mなので、単純に427m登るだけで済みます。

P1000677
基点の有間峠からは名栗湖を眼下に奥武蔵の山並みを一望できます・・・

P1000705
歩き始めてすぐに奥武蔵主脈を見晴らす送電線鉄塔直下を通過します・・・

P1000731
天目背稜は気持ちのいい尾根道が続きますが・・・

P1000785
蕎麦粒山直下は引き返したくなるような急坂で・・・

P1000789
大きな岩が視界に入ってきたら蕎麦粒山(標高1473m)の頂上、ただし、展望効かず・・・

P1000808
三ツドッケ頂上以外での展望はほとんどが樹間越しとなります・・・

P1000916
それでも、新緑のカラマツ林を歩くのはとても気持ちのいいものです。気に入りました。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 目的としている“山笑う”風景はほとんど見られず、富士山には逃げられ、期待していたツツジの類も皆無に近かったのですが、足元には小さな花がたくさん咲いていて楽しめました。

P1000753 P1000909 P1010006
▲いずれもスミレの何か??(※図鑑を見ても同定する能力がありません。)
P1000919 P1010015 P1010021
▲ネコノメソウ?/ヒゲネワチガイソウ?/ミヤマキケマン?
P1000869_1 P1010123 P1010128
▲キジムシロ?/ミツバツツジ/ヤマツツジ
P1010136 P1010140 P1010164
▲ツルマンネングサ?/ヒメウツギ?/フジ

 相変わらず花の見分けは???だらけで情けない限りです。(※ミツバツツジ以下の5点は広河原逆川林道にて撮影)

P1010012
 すみれなどの花はどれも小さくて気付かず、見つけても私の未熟な技術では撮影するのが大変でした。写真の拙さを割り引いてご覧頂ければ幸いです。(※いずれもクリックで拡大)

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 このコースひとことで言うと、思っていたよりもかなり大変、でした。5週連続の山歩きで疲れが積み上がっているせいかもしれません。有間ダムサイトまで下りてきたときは日が傾いていました。
P1010182

 ただ、1日歩いて出会ったのは10人あまりに過ぎず、風薫る5月の休日をしっとり楽しめました。三ツドッケの先に連なる長沢背稜の山々にも行ってみたくなりました。

*撮影 2013年5月12日/機材 Panasonic DMC-LX7

(第601号)

|

« 奥武蔵の二子山から武川岳をあるく | トップページ | 至仏山を映す尾瀬ヶ原にて »

コメント

奥多摩の北端部ですね。

許可無く切ったのはやはりちょっとまずかったでしょうね。しかも切りっぱなしだそうで・・・ 男性にはたしか数十万円賠償命令がでたとか? 昭文社の地図にも苦慮した書き方になってますね。「山頂直下の岸峰から石尾根の展望が良い」違法伐採なので「山頂からの展望最高」とも書けないのでしょう(^-^;)

あ、3枚のスミレは左右がフイリフモトスミレ、真ん中はタチツボスミレです。
ネコノメソウは難しい・・・

投稿: てばまる | 2013年5月14日 (火) 23時59分

先月末に蕎麦粒山に登ったときは、まだ芽吹き前でしたが、芽吹き後の天目背稜の尾根道はやはり美しいですね。次はこの季節か、秋に、三ツドッケまで歩いてみたいと思います。

投稿: Suekichi | 2013年5月15日 (水) 09時02分

>てばまるさん
私には不明のスミレを同定して下さり、ありがとうございました。1つ1つ覚えていきたいと思います。てばまるさんのブログも拝見しました。そのうち奥多摩でもお会いできるかもしれませんね。

>Suekichiさん
私は秋にSuekichiさんが先日使った大丹波ルートで川苔山を試してみたいです。天目背稜や有間山稜へはアクセスに少々難がありますけど、歩いていて気分爽快の楽しい道でした。紅葉期はいっそう良いかもしれません。

投稿: 鉄まんアトム | 2013年5月15日 (水) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奥武蔵の二子山から武川岳をあるく | トップページ | 至仏山を映す尾瀬ヶ原にて »