« 障害児の親に“配慮”を要求する埼玉県教育委員会 | トップページ | たなぼた尾瀬沼夕景 »

川越夕景(32)

 台風一過は夕焼けの好条件。しかし、川越の空は朝からスッキリとは晴れず、雲が多くとても蒸し暑い1日となりました。空気も淀んで焼けるようには感じませんでしたけど、日が沈んでから雲がほんのり色づきました。こんな“小焼け”で十分なので、今年こそ尾瀬の空で見てみたいものです。日が長くなって夕焼けは19時過ぎのこと、あす6月21日は夏至です。

R0023762
GXR+GR LENS A12 28mm 絞り優先AE,f9,1/45s,ISO200,Ev-0.7,WB屋外
川越市南西部にて2012年6月20日撮影

(第533号)

|

« 障害児の親に“配慮”を要求する埼玉県教育委員会 | トップページ | たなぼた尾瀬沼夕景 »

コメント

あらあ~
いい色に焼けて
綺麗な写真ですね。

私も出張先から帰る途中で電車の中で見ておりました。
早く帰って
あさひ山展望公園に登り
写真に収めようと
駅から一目散に走りましたが
残念ながら10分くらい遅れて
展望台へ 
汗だけダラダラのいい写真ゼロでした。

投稿: はんのう山人 | 2012年6月21日 (木) 21時06分

はんのう山人さん、こんにちは。
移動中の夕焼けほどヤキモキさせられるものはないですね。

良い条件が巡ってきたのにカメラがないとか、スタンバイOKでカメラはあるのにSDが入ってないとか、充電不足で電池ないマーク点灯とか、そんなこともあります。焼けそうだと思っても焼けないことの方が多いですから、簡単なようで難しい撮影対象かもしれません。
(だからこそ汗だくになっても撮りたくなるのですが。)

投稿: 鉄まんアトム | 2012年6月22日 (金) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 障害児の親に“配慮”を要求する埼玉県教育委員会 | トップページ | たなぼた尾瀬沼夕景 »