« 奥武蔵蕨山に登る | トップページ | 雪解けの尾瀬ヶ原にて »

奥多摩鷹ノ巣山に登る

 週末1泊2日で尾瀬沼に行く予定を取りやめ、それでもどこか山に行きたいと思って、奥多摩の鷹ノ巣山(1736m)に日帰りで登ってきました。尾瀬中止の理由は末尾に記すとして、まずは鷹ノ巣山頂の大パノラマから。

R0022906

▼しかし、望遠レンズで覗いても、あのお山の肝心な部分が見えません。(泣)
 晴れの天気予報がまさかの曇り・・・・・・
Img_1063

 富士山の大展望が“給料”の約束でアルバイトを請け負い、一生懸命働いたはずなのに給料が“未払い”に。どうしても給料が欲しければ、黙ってもう1日働け、とのこと。(“不払い”ではないので、いつか支払ってもらえるはず??)

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

▼西方に見えるはずの南アルプスの連なりもかすかに見える程度です。(写真左下から右上に向かう稜線が石尾根、左上の頂は大菩薩嶺、右上の頂が東京都最高峰の雲取山、その左奥には甲武信岳がのぞいている。鷹ノ巣山頂の西側直下にて)
R0022883

▼奥多摩駅方面に延びる石尾根縦走路。左のピークは御前山。標高1500mより上での芽吹きはこれからです。芽吹き始めのカラマツがいい感じ。鷹ノ巣山頂の東側直下にて。
R0022913

▼笑ってしまった山、いま笑っている山、これから笑う山、自然林の織りなすコントラストは見事です。今年の紅葉は奥多摩に決まり?(石尾根縦走路より奥多摩湖へと連なる榧ノ木尾根を望んで。)
Img_1015

▼標高1400m前後では咲き残りのミツバツツジが見られました。
Img_1101

▼上山は峰谷バス停から。ここを選んだのは経由する浅間尾根のブナ林を見るため。芽吹きのブナ林はパステルカラーの装い。どこからアプローチしても高度差1000m以上の辛いバイトですが、癒されます。
R0022849

 富士山こそキレイには見られなかったものの、奥多摩屈指の大展望は堪能できました。初めて歩いた石尾根は、広く伸びやかな稜線で開放感がたまりません。峰谷(奥)では八重桜が満開、森も新緑から冬木立まで、変化に富んだ山歩きが楽しめました。“安近短”の奥多摩にハマりつつあります。

Img_0973_1

*撮影2012年5月12日/Canon S100 (IMG-)&Ricoh GXR A12 28mm(R-)

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 今回、尾瀬沼を取りやめた理由――。

 残雪の尾瀬行きは2年越しの計画。今年のGWに行きたかったところ、所用や悪天候で見送ることに。1週遅れで準備していたところ、今度は雪解けが予想以上に進んでしまい、踏み抜きの危険が高まってしまいました。加えて12日は本格的な雪となり、雪山装備も経験もないため、安全を第一に見送る決断をしたのです。

 環境省の尾瀬沼ライブカメラを見ると、13日は早朝から快晴で、新雪をまとった燧ヶ岳のモルゲンロートに染まる様子が写し出されていました。いやあ~ちょっと惜しいことをしたかも~と思いつつ、山の無理は禁物。後悔はしていません。
 今年こそスノーシューを買って、できたら近場の低山で予行練習をして、来年以降の残雪尾瀬に備えるつもりです。…そろそろ尾瀬に行きたい!(今年も尾瀬病発症です)

※5/19追記 その後の情報で尾瀬ヶ原には行けそうだと判断し、17日に行ってきました。
 (→次号「
雪解けの尾瀬ヶ原にて」以下にてご紹介しております。)

(第524号)

|

« 奥武蔵蕨山に登る | トップページ | 雪解けの尾瀬ヶ原にて »

コメント

 またまた す晴らしい写真を拝見できました。
奥多摩ですか、してその前は奥武蔵ですね。
どちらも当方の近場ですが、お見えになって
頂いて嬉しいです。
 尾瀬にはとても及びませんが
気軽に行けて様々なコースがあります。
 またぜひ奥武蔵へおいで下さい。

投稿: はんのう山人 | 2012年5月14日 (月) 00時36分

はんのう山人、こんにちは。
いつもお越し頂き、ありがとうございます。

奥武蔵と奥多摩は隣同士つながっています。奥の方へと向かう場合は、川越からですと、どちらも同じような時間で行けます。始発電車は、川越駅(JR)と本川越駅(西武)のどちらからでも、横瀬駅に6:48、奥多摩駅には7:17の到着です。気軽さを求めるなら奥武蔵、山深さでは奥多摩でしょうか。

投稿: 鉄まんアトム | 2012年5月14日 (月) 19時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/54705336

この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩鷹ノ巣山に登る:

« 奥武蔵蕨山に登る | トップページ | 雪解けの尾瀬ヶ原にて »