« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月の7件の記事

株主限定特製ビール2012

 八十八夜はとうに過ぎ去り、桜にウツツを抜かしたまま暦はもう夏に移っています。4月から続く春の話題をいったん区切り、今年もまた、スーパードライ大嫌い派の私がアサヒビールの「株主様限定特製ビール」を取り上げます。

Img_0888

 今年のお題目は、『新品種ホップ&有機麦芽使用』の麦芽100%生ビール。「自然由来のよりよい素材を求めて、アサヒビールが」「世界中の原材料から、フランスの生産者が品種改良を重ね開発したアロマホップ『アラミス』とアメリカ産の有機麦芽を使用いたしました。その豊かな香りと自然なコクを株主の皆様だけにお届け」して下さったとのこと。もちろん、非売品です。

 で、お味の方はというと……。謳われている「豊かな香りと自然なコク」を実感できず、これといった有意な特徴も見いだせませんでした。ふだんの食生活が不自然なモノに支配され、自然由来の本当のおいしさを見失っているのでしょうか。
 同時に飲んだ発泡酒「ホップ畑の香り」の方が私好みでした。最近の発泡酒は侮れません。今回は、ノーアウト2塁のチャンスに主砲登場、当たりは良かったもののセカンド正面ゲッツーみたいな様相ですから、次のバッターに一発長打を期待するしかありません。

Img_0912

【関連記事】 株主限定特製ビール2011(第452号)

(第527号)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

残雪の尾瀬ヶ原へ

 雪が残る湿原の表情が見たくて、今年になって初めて尾瀬に入りました。5月17日のことです。山ノ鼻を過ぎ、原ノ川上川橋を渡るともう雪はほとんど解けていて、雪の上を歩ける場所はごくわずか、残雪期も終わりの頃でした。数日遅ければ時機を逸していたかもしれません。まずは、無雪期には立てない位置からの1枚をどうぞ。

Img_1269
PowerShot S100 絞り優先AE,f4.5,1/1000s,ISO80,Ev±0,換算24mm

 初めて見る尾瀬の残雪風景。消えゆく雪は、模様だけでなく色合いもまた複雑。池塘の氷が薄いエメラルドグリーン、雪の一部がアカシボで赤茶色に染まっているのが見えます。この時期ならではの風物詩と言えましょう。

続きを読む "残雪の尾瀬ヶ原へ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪解けの尾瀬ヶ原にて

 尾瀬には、様々な「年に数日だけ」の光景があります。残雪のころには、雪解け水で湿原が湖のようになって、そこに至仏山が映り込む“逆さ至仏”の見られる日があります。

Img_1274_t1
残雪の逆さ至仏 2012年5月17日午前撮影/群馬県片品村の尾瀬ヶ原ゆるぎ田代にて
Canon S100 絞り優先AE,f4.5,1/640s,ISO80,Ev+0.3,換算50mm,3:2にトリミング

 いかがでしょう――。尾瀬に繁く通うようになり3年、ぜひとも見たい年に数日シーンの1つとして今年は狙っていました。毎度のことながら天気予報は予報通りにならず、残念ながら空には薄い雲があり、風もあって透明感のあるキリッとした写真は撮れませんでした。おまけに水位も低くて……。来年以降の宿題とします。
 なお、これが今年の尾瀬始め。当日の模様については、追って別記事にてご紹介します。

【追っての別記事】 残雪の尾瀬ヶ原へ(第526号)
このほかの尾瀬関連記事は、カテゴリ「尾瀬」をクリックしてご覧下さい。

(第525号)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奥多摩鷹ノ巣山に登る

 週末1泊2日で尾瀬沼に行く予定を取りやめ、それでもどこか山に行きたいと思って、奥多摩の鷹ノ巣山(1736m)に日帰りで登ってきました。尾瀬中止の理由は末尾に記すとして、まずは鷹ノ巣山頂の大パノラマから。

R0022906

続きを読む "奥多摩鷹ノ巣山に登る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奥武蔵蕨山に登る

Img_0654

 近場で山笑う景色を眺めようと、無計画のGW後半に、アカヤシオやミツバツツジが咲く奥武蔵の蕨山(1044m)を登ってきました。調べが甘かったようで、花は終わり、ヤマザクラは散り、山の緑も深まっていました。GW前半なら適期だったかもしれません。

<概念図> ※本記事内での地図や断面図の縮尺変更等はできません。
120505_yamarecomap

以下、今回の山行を振り返ります――。

続きを読む "奥武蔵蕨山に登る"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三春滝桜余録

 前号「思い立って三春滝桜へ」では、ライトアップされた滝桜の夜桜写真を2点紹介しました。どちらも日が落ちてから撮ったものです。でも、ライトが灯り始めた暮れなずみの頃の方が、じつは一番見応えがあったりして私は好きです。いかがでしょうか。

Img_0343_2

 三春は桜のまち。滝桜以外にも巨木老木がたくさんあり、町内全体で約1万本。桜好きには堪らない町といえましょう。今号では、前号に収録できなかった余談を書き留めておきたいと思います。

続きを読む "三春滝桜余録"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

思い立って三春滝桜へ

 日本三大桜の一つとして知られる「三春滝桜」を見てきました。
 快晴の満開観桜のつもりが諸事情あって出発が1日遅れに。たどり着いた滝桜は曇り空の下、散り始めて葉桜へと移ろうところでした。写真撮影の機を逃してしまったようです。それと引き替えと言ってはなんですけれど、齢千年余の巨木から舞い上がる花吹雪が見られ、それはそれは圧巻でした。

Img_0259
散りゆく三春滝桜 2012年4月30日午後撮影/福島県田村郡三春町滝字桜久保
Canon S100 絞り優先AE,f5.6,1/80s,ISO80,Ev-0.3,換算105mm,LR3.6現像

続きを読む "思い立って三春滝桜へ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »