« 能登線追憶(18) | トップページ | 高曇りの中院にて »

ようやく咲き始めた桜から

 ソメイヨシノなどに先がけて咲くヒガンザクラ(彼岸桜)。名のごとく、お彼岸の頃に咲いているはずの桜が、今年は4月に入ってようやく咲き始めました。例年ならば4月には散ってしまっているシダレザクラが、いま見頃を迎えつつあります。川越の桜、例年に比べ1~2週間は遅れているでしょうか。

Img_9404
▲川越大師喜多院の満開に近づくシダレザクラを見上げる 2012年4月4日撮影

 こうしてサクラを眺めているだけで、押し潰されそうなほどに降り掛かってきている困難の数々も、容易く乗り越えていけそうな気になるのは不思議です。

(第512号)

|

« 能登線追憶(18) | トップページ | 高曇りの中院にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/54392044

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく咲き始めた桜から:

« 能登線追憶(18) | トップページ | 高曇りの中院にて »