« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の9件の記事

改正障害者基本法の成立におもうこと

 障害者施策の基本原則を定めた障害者基本法の改正案が2011年7月29日、参院本会議において全会一致で可決、成立しました。同法の改正は、06年に国連総会で採択された障害者権利条約(以下、条約)の批准に必要な国内法整備の第一歩、と位置づけられています。

 しかし、成立した改正法は、各府省の意向(=抵抗)を受けて、10年6月の閣議決定「障害者制度改革の推進のための基本的な方向について」や、内閣府に設置された障がい者制度改革推進会議が同年12月に取りまとめた「障害者制度改革推進のための第二次意見」から大きく後退。現行基本法から前進しつつも、条約が示す国際標準には到底届かぬ内容に留まってしまいました。

 端的に示すとすれば、障害者の権利保障について、条約では「他の者と平等に」と規定しているのに対し、本改正法では「可能な限り」と規定してしまったことです。

 日本国憲法が障害者を含むすべての国民に保障している基本的人権は、「侵すことのできない永久の権利」であって、「可能な限り」において保障されるといったものではありません。今回各府省が示した、「現下の財政状況や人材養成の現状を踏まえた現実的な議論」の帰趨に左右されるような不安定で偏狭的なものでもありません。ましてや、障害者だけに「国民的な合意」を必要とすることなど絶対にあり得ません。障害の有無に関係なく、誰もが「他の者と平等に」享有している普遍的なものなのです。

 条約では、「すべての障害者のあらゆる人権及び基本的自由を完全に実現することを確保し、及び促進すること」が締結国の義務とされています。そのために、「条約において認められる権利の実現のため、すべての適当な立法措置、行政措置その他の措置をとること」や、「条約と両立しないいかなる行為又は慣行も差し控え、かつ、公の当局及び機関がこの条約に従って行動すること」は、条約に署名した日本の国際公約でもあります(条約4条外務省仮訳、ウィーン条約法条約18条を参照)。

 今後の課題は、本改正法に基づき内閣府に新設される「障害者政策委員会」に引き継がれます。基本法の再度の見直し、障害者自立支援法に代わる「障害者総合福祉法」「障害者差別禁止法」(いずれも仮称)づくりなど、重要案件が山積もりです。
 各府省が四の五の言っても、いずれはすべて、条約に沿った政策を実施していかなければなりません。今回のように各府省の“できない言い訳”を真に受けていたら、いつになっても条約批准は実現しません。各府省の官僚たちにはこの現実を受け止めてもらい、これ以上問題を先送りせず、条約に沿った国内環境を1日も早く整えていってほしいと希求しています。障害者とその家族は、命を削りながら、その実現を待っているのです。

【関連記事】 障害者施策における“合理的配慮”という視点(第417号)

(第462号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝霧に包まれた尾瀬ヶ原にて

 深夜の月明かりから朝焼けを期待し、午前3時に起きて“揺るぎ田代”までやって来てはみたものの、深い朝霧に阻まれてしまいました。日の出の太陽も遮るほどの霧は、午前6時を過ぎても晴れませんでした。霧の中での撮影は不慣れ、為す術なしでお手上げとなりました。とりあえず、情況証拠として……。

R0012079
尾瀬ヶ原上田代にて 2011年7月18日午前5時頃撮影
GXR+GR LENS A12 28mm,絞り優先AE,Av6.3,Tv1/111,ISO200,Ev-0.7,WBオート

続きを読む "朝霧に包まれた尾瀬ヶ原にて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尾瀬ヶ原、ニッコウキスゲ咲く頃

R0011817

 尾瀬の夏を代表する花といえば、名実ともにニッコウキスゲだといえましょう。と言っても、群生で咲き誇るのは7月中旬のわずか1週間程度。その短い期間を狙って、1年で最も多くの人たちが尾瀬にやってきます。
 土日だと1年でワンチャンス、不作の年もあるので、湿原に黄色の絨毯を敷いたような群生に出会うのは思ったほど簡単なことではありません。この日はまだ、つぼみが多くピークではありませんでしたけど、写真から、湿原が少し黄色く染まる様子は伝わるでしょうか。

続きを読む "尾瀬ヶ原、ニッコウキスゲ咲く頃"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふたたび、はるかな尾瀬

 ここ最近、私が尾瀬通いをする引き金となった2009年7月の家族での日帰り尾瀬探勝。それから2年、二男がこの7月の3連休、県外の施設でショートステイできることになり、妻と長男を連れた家族3人での尾瀬山行が再び実現することになりました。しかも今回は1泊で。妻は、人生初の山小屋泊まりです。

 初日、鳩待峠からアヤメ平を回って長沢新道で尾瀬ヶ原に下り、山ノ鼻泊まり。2日目は、研究見本園を散策したのち鳩待峠に直接上がるコースで歩いてきました(当初企画していた至仏山を変更して立案)。

R0011643
横田代(標高1860m)にて。ワタスゲやチングルマの果穂がそよぎ、タテヤマリンドウやサワランなどの小さな花がたくさん咲いていました。鳩待峠から1時間あまり、300mたらず登った疲れも一気に吹き飛ぶ爽快感です(午前7時半頃)。

続きを読む "ふたたび、はるかな尾瀬"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

政治団体に対し利益供与を続ける日司連の考え方

 このブログで2010年3月、「日司連が日司政連に事務所格安提供」と題し、日本司法書士会連合会(日司連)が、東京都新宿区にある「司法書士会館」内の事務所1室を、政治団体である日本司法書士政治連盟(日司政連)に格安提供している政治資金規正法違反の疑いについて問題提起しました(→第311号第316号など参照)。

 この問題は、何らの改善もなされぬまま1年以上推移していたところ、2011年6月に開催された第74回日司連定時総会において、代議員から質問が出され、答弁で日司連執行部の考え方が示されました。
 この質疑応答の模様については、質問者である埼玉司法書士会の比留間貢代議員が、司法書士会員限定の掲示板「NSR2」に内部向け投稿しました。一般公開を前提に、このたび同代議員から投稿と同内容の情報提供を受けたので、以下、公表することにします。

(1)代議員による質問の要旨 ※「質疑通告書」写し(pdf:141.2K)
 日司連の日司政連に対する事務室の賃貸等が
1.政治資金規正法違反
2.法人の目的外の行為として違法かつ無効
の疑いがあるのではないか、そして
3.結果的に違法で無くても、違法を疑われる行為はつつしむべきではないか
という以上3点。

(2)執行部による答弁の要旨 ※執行部答弁の反訳(html:6.0K)
1.会館管理運営規則による利用であり、賃貸とは違う
2.他団体に対しても同条件で利用させている
3.仮に賃貸だとしても、一定の制限があり、値上げ後の会館維持協力金の額は、社会通念上相当な範囲を逸脱していない(総務省と情報交換をし、確認をおこなっている)
 という3点その他。
(※再質問が認められていないので、以上をもって質疑終了。)

 以上の質疑応答に関する比留間代議員の投稿に対し、自らの組織において「憲法の理念を実現する」ためにいかなる実践が必要か、という観点から、埼玉司法書士会の渡辺昭孝会員が執行部答弁の問題点を詳細に論じる投稿をしています。こちらも一般公開を前提に、同会員から投稿と同内容の情報提供を受けたので、併せて公表しておくことにします。

(3)日司連執行部の考え方における問題点の要旨
1.「賃貸か否か」はそもそも規正法上、論点とはならない
(※編者注:比留間代議員は、この点について、「自身が作成した規則に基づいていると言ったところで、実体が賃貸であることに変わりは無い」と述べています)
2.「賃料の収益を目的とした賃貸物件ではない」ことは、格安な利用料金設定が利益供与でないことの理由にはならない。
3.「他の関連団体と同じ扱いだから問題ない」のではなく、政治団体を社団法人などの他の関連団体と「同一に優遇している」ことが問題。
4.「今年度からの値上後の具体的金額」について、検討した結果、社会通念上相当な範囲を逸脱していないと答弁しているが、仮にそうであるとしても、少なくとも値上前の金額については、社会的相当な範囲とはいえないと認識していることになる。少なくとも値上げ前の金額との差額は利益供与に相当する。

 なお、渡辺司法書士から提供を受けた投稿原稿の全文はつぎのとおりです。
 
※渡辺原稿(html:11.5K)

 今回の質疑応答を見る限り、日司政連だけでなく(→第453号参照)、日司連においても、この問題を解決する自浄作用は期待できない模様です。

【関連記事】日本司法書士会連合会に対する公開質問状(第316号)
*その他の関連記事は、カテゴリ「司法書士政治連盟問題」をクリックしてご覧下さい。

(第458号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

至仏山からの尾瀬ヶ原俯瞰写真

 前号「至仏山初登頂」にて、至仏山中腹部(東面登山道)から尾瀬ヶ原を俯瞰した写真を掲載しました。テラス全体の様子を伝えたくて使った写真で、じつは、牛首のあたりが陰ってしまっています。せっかくなので、尾瀬ヶ原に影のない写真からトリミングして載せておきたいと思います(撮影場所はそのテラスです)。

R0011210_t
GXR+GR LENS A12 28mm F2.5 トリミング有 ※クリックで少し大きめに拡大します。

 画面下の中央が「研究見本園」、建物が3つ並んでいるのが「山ノ鼻」の山小屋。手前側から奥の山の麓まで続いている線は木道で、行き着く先が「見晴」です。湿原の中程で大きくこんもりとしたところが「牛首」、その手前に光って見えるあたりが「ゆるぎ田代」の池塘群です。湿原に点在している森を“拠水林”といいますが、こうして俯瞰してみると、拠水林が尾瀬の景観には欠かせない存在であることにも気付きます。
 山に目を転じると、正面に見えるのが「燧ヶ岳」。画面左部分で一番高いのが「景鶴山」。画面中央やや左寄り一番奥の山並みが、(右から左に)「会津駒ヶ岳」から「中門岳」への稜線です。燧ヶ岳の左奥に見える稜線は「帝釈山」方面になります。いずれも尾瀬国立公園の山岳です。なお、この写真では分かりづらいですが、竜宮小屋や東電小屋も確認でき、さらに高度を上げると温泉小屋も見えてきます。

 写真だけでさえ、どこを眺めていても見飽きるということがありません。至仏山に登ったことで、また一つ、尾瀬の魅力を見つけてしまったような気がします。

※上記俯瞰写真の解説図(カシミール3Dにて作成)
Ozegaharahukan_1

*このほかの尾瀬関連記事は、カテゴリ「尾瀬」をクリックしてご覧下さい。

(第457号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

至仏山初登頂

 なんだかんだと尾瀬に通っていながら、尾瀬を代表する山である至仏山(2228m)にも燧ヶ岳(2356m)にも未だ登ったことがありません。前日に尾瀬ヶ原を回り目的の花が終わっていたことから、2日目は、長沢新道を上りアヤメ平経由で帰るつもりでいました。でも、予想外に天気が良いので、山ノ鼻泊まりの利点を活かし至仏山に登ってみることにしました。至仏山への登山は、前日の7月1日に解禁されたばかりです。

 そうと決まれば即行動、身支度をして6時半に山小屋を発ちます。尾瀬ヶ原―至仏山をほぼ直線で結ぶ「東面登山道」は、約3キロで高低差828m、つまり平均勾配約28%(斜度にして約15度)を直登する健脚向きコース。下り禁止の一方通行とされ、山ノ鼻から登るしかありません。
 登山口から樹林の中を30分ほど登って行くと森林限界に達し、以後、振り返るたび尾瀬ヶ原が眺望できるようになります。森林限界から1時間ほどで中間地点(標高1814m)に達し、クサリのある岩場をよじ登ったりしながら、さらに30分ほどで、休憩に適したテラスが現れます。ここは最高ですよ~♪

R0011223
GXR+GR LENS A12 28mm,絞り優先AE,Av13,Tv1/350,ISO200,Ev-0.7,WBオート
※クリックで、いつもより少し大きめに拡大します。

続きを読む "至仏山初登頂"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひとりじめの黎明尾瀬ヶ原にて

 尾瀬の中で一番好きな上田代での朝焼けが見たくて、空が白み始めた午前3時を回った頃、真っ暗闇の尾瀬ヶ原を歩き始めます。ヘッドランプが照らすところしか見えません。森の方からは獣の声が響いてきたり、ちょっと怖いかも…(冷汗)。そうしてビクビクしながらも3時40分には“逆さ燧”の見える池塘に着き、30分間ほど柏手を打ちつつ様子を見守りました。が、空は焼けないまま明るくなってしまいました。
 しかし!ライトが不要なほどに明るくなると、湿原のどこからともなく靄が立ち上がり、それが動き始めるのが見えました。じつに幻想的、朝焼けが見られなかった代わりの慰めでしょうか。

R0011072
尾瀬ヶ原上田代にて 2011年7月2日午前4時半頃撮影
GXR+GR LENS A12 28mm,絞り優先AE,Av9.0,Tv1/42,ISO200,Ev-1,WBオート

R0011052
GXR+GR LENS A12 28mm,絞り優先AE,Av8.0,Tv1/2,ISO200,Ev-0.7,WBオート

 素人ゆえの悲しさか、刻一刻と変化する情景に、何をどう撮ろうか頭が混乱してしまいました。木道を行ったり来たり、なかなか狙いやイメージが描けません。そういうときは、定番の力にすがります。

続きを読む "ひとりじめの黎明尾瀬ヶ原にて"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅雨の合間の尾瀬ヶ原にて

 今年2回目の尾瀬。朝の鳩待峠は予想に反して雨模様、傘だけでは濡れてしまうほどの雨の中、尾瀬ヶ原へと下って行きました。前回訪問から1カ月足らずで、枯れ野だった尾瀬ヶ原は一面みどりに包まれていました。山ノ鼻に着いても雨は止みません。

R0010449
尾瀬植物研究見本園(山ノ鼻) 2011年7月1日午前8時半頃撮影
GXR+GR LENS A12 28mm,プログラムAE,Av4.5,Tv1/320,ISO200,Ev+0.3,WB屋外

 6月の中下旬、湿原で空に向かって葉を伸ばす黄緑色のヤマドリゼンマイ、その中に深紅の彩りを添えるレンゲツツジが咲き、さらに白いワタスゲが点々と浮かぶ。幻想的なその風景を写真に収めようと、去年からこの時期に“行くつもり”でいたのです。なのに、予定の帳尻があわず暦は7月に……。

続きを読む "梅雨の合間の尾瀬ヶ原にて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »