« 株主限定特製ビール2011 | トップページ | 梅雨の合間の尾瀬ヶ原にて »

日司政連田嶋会長、再選される

 日本司法書士政治連盟(日司政連)が発行した「飛翔速報版(2011年4月28日発行No.56)」を入手しました(pdf 194.8K)。これによると、4月16日開催の日司政連第41回定時大会において、田嶋規由氏が会長に再選されたもようです。
 このブログでお伝えしているとおり、田嶋氏については、政治資金規正法違反容疑での2度にわたる告発状が検察当局に受理されています(私は、その告発人の1人です)。刑事告発の対象となった行為の是正が何もなされていない状況にあって、被告発人である田嶋氏を会長に再選してしまうのですから、日司政連構成員のこの問題に対する認識は推して知るべし。日司政連における自浄作用など期待できるはずもありません。

 ところで、その田嶋氏について私は2011年2月、全国の司法書士向け会員限定の掲示板「NSR2」に、『日司政連と「田嶋規由」監査役会社との取引関係ほか』という表題で1つの事実を公表しました。田嶋氏が再選されたということは、結局この件も、日司政連のなかで問題にはならなかったようです。以下、私が内部向けに公表した全文を転載します。世間一般の物差しでは、どのように測るでしょうか。

+++引用はじめ++++++++++
 日司政連の政治資金収支報告書(収報)をみると、日司政連は、「機関紙発行」名目にて、毎年400万円前後(直近の平成21年分収報では、415万7580円)を支出しています。支出先は、静岡市の「株式会社レ・サンク」です。
 そのほかにも、「定時大会資料」や「アンケート調査報告書」名目などでのレ・サンク宛て支出が見受けられます。
 東京に本部を置く日司政連が、なぜ静岡市の株式会社に機関紙発行を発注しているのでしょうか――。

 というわけで、受注先の「株式会社レ・サンク」(本店・静岡市葵区人宿町一丁目4番地の3)について会社登記簿を確認してみました。代表取締役は住所Aの「田嶋清子」、監査役は「田嶋規由」と登記されていました。

 ここで、日司政連田嶋規由会長について整理しておきます。
(1) 田嶋会長の事務所所在地は、「静岡市駿河区南八幡町5番15号」。この場所の土地建物の不動産登記簿によれば、土地の所有者は住所Aの「田嶋清子」、建物所有者は上記「株式会社レ・サンク」でした。
(2) 続けて、田嶋清子氏の住所(住所A)にあたる不動産登記簿も確認してみました。すると、土地建物とも甲区所有者は「田嶋規由」と「田嶋清子」の共有で、両名の住所はいずれも住所Aということでした。

 以上のことから、日司政連の田嶋規由会長と上記(2)記載の田嶋規由氏が同一人物かどうかに関係なく、【日司政連→株式会社レ・サンク→田嶋規由司法書士】という取引関係が接続しているという事実だけは確かなことです。

 なお、この政治団体の「機関紙」に対し、司法書士国民年金基金から、50万円以上の広告料が支払われている年もあります。国民年金基金は、国民年金法に基づく法人で、上部組織の国民年金基金連合会には国の補助金が交付されています。
 機関紙が発行されているかどうか、広告が掲載されているかどうか、ということをここで問題にしているのではありません。それ以前の、身内ぐるみでのこうした取引関係そのものが妥当なのか、という意味で情報提供しておく次第です。

(※登記簿に関する記載は、2010年10月27日現在の登記情報に基づきます。)
++++++++++引用おわり+++

 なお、今回入手した冒頭記載の「飛翔速報版」には、政治資金規正法や収支報告書のことには一言も触れられていません。この問題に対するこれまでの日司政連の対応について、1)公式文書等における変遷は第363号「日司政連による政治資金収支報告書の虚偽記載を指摘して1年」を、2)収支報告書の変遷は第414号「09年分収支報告書にみる日司政連の言行不一致」をそれぞれご参照下さい。詳述しています。

*その他の関連記事は、カテゴリ「司法書士政治連盟問題」をクリックしてご覧下さい。

(第453号)

|

« 株主限定特製ビール2011 | トップページ | 梅雨の合間の尾瀬ヶ原にて »

コメント

 ついでなのでご紹介しておきますが、日司政連は、東京ベイホテル東急(現・東京ベイ舞浜ホテル)での飲食代を「政治活動費」として支出しています。日司政連の平成21年分の政治資金収支報告書に記載があります。

日付は、2009年6月17日。
領収書の時刻、21時51分。
場所は、「ファランドール」。
内訳は……
「ディナーバイキング 大人(平日)」 単価4200円×27
「DRAFT BEER JUG」 単価1100円×24
「古秘 GLASS」 単価600×4
「ワンコインカンパリソーダ」 単価500×1
「ワンコインモスコミュール」 単価500×2
「SUPER CLEAR」 単価700×2
「ウーロンハイ」 単価600×3
「GIN TONIC」 単価800×1
以上合計 14万7700円(サービス料・消費税込み)

 残念ながら、この政治活動に関する報告書の類も見つかっていません。どういう趣旨の政治活動だったのでしょうか。
 ちなみに、この翌日の2009年6月18日及び19日には、同じホテルで日司連の定時総会が開かれていました。

投稿: 鉄まんアトム | 2011年6月28日 (火) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/52058747

この記事へのトラックバック一覧です: 日司政連田嶋会長、再選される:

« 株主限定特製ビール2011 | トップページ | 梅雨の合間の尾瀬ヶ原にて »