« それでも、桜は咲く | トップページ | 三陸鉄道という絆 »

桜舞い散る橋の上で

P1150510

 桜の花の命は短くて、年一番の美しき姿に出会うは思いのほか容易ではありません。今年は、桜にうつつを抜かせぬまま時が過ぎていき、毎年お伝えしている氷川神社裏の“誉桜”(川越市宮下町二丁目)にも張り付けず仕舞いでした。
 とは言うものの、写真の1枚ぐらいは今年も残しておきたい。春雷轟くなか、いつも通っている氷川橋へと走りました。満開を過ぎ舞い散る桜たちで、新河岸川には無数の花筏が浮かんでいました。

 散り際の桜に見る、もののあわれ。その情趣にひたる一服さえも、緊急地震速報を告げる不協和音が掻き乱し、時を置かずして大地が揺れる。そんななかでも桜たちは、悠然と花を散らしていました。

P1150514_1
写真は2点とも氷川橋の上から2011年4月11日17時すぎ撮影(LX3)

【関連記事】誉桜満開風景2010(第334号) …過去3年分もこちらから

(第437号)

|

« それでも、桜は咲く | トップページ | 三陸鉄道という絆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/51369033

この記事へのトラックバック一覧です: 桜舞い散る橋の上で:

« それでも、桜は咲く | トップページ | 三陸鉄道という絆 »