« 川越城富士見櫓跡の丘にて | トップページ | 川越から見る奥多摩初冠雪 »

燦燦たる養寿院門前の大銀杏

 養寿院山門前の大銀杏が7日午後、一気に葉を落とし始めました。あぁ、とうとう散っちゃうんだな――。今朝が見頃の最後でした。風が吹き、雨も降り出して、明日の朝にはうらぶれた姿になってしまうことでしょう。晴れた6日朝がいちばんの黄金色だったと思うので、そのとき撮った写真を1枚ご紹介しておきます(クリックでわずかに拡大します)。

Img_6253
 今回は、街灯、標識、立て看板に赤ポールといった“障害物”を、いっさい入れないよう写してみました。先日ご紹介した「雨上がりの養寿院門前にて」の写真と比べてみてください。いかがでしょう。
 思うに、ここの電線を地中化したとき設置された一方通行の標識と街灯は、向かって右側ではダメだったのでしょうか。まちづくりにカメラマンの意見を採り入れたら、風致は完璧になるかも知れません。

*撮影データ 2010年12月6日9時30分撮影 Canon PowerShot S90
 絞り優先AE,Tv1/250,Av4.5,ISO80,WBオート,換算70mm,ストロボ切

(第412号)

|

« 川越城富士見櫓跡の丘にて | トップページ | 川越から見る奥多摩初冠雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/50236966

この記事へのトラックバック一覧です: 燦燦たる養寿院門前の大銀杏:

« 川越城富士見櫓跡の丘にて | トップページ | 川越から見る奥多摩初冠雪 »