« 河越太郎重頼の墓にて | トップページ | もみじ燃ゆる中院にて »

養寿院境内にて

Img_5868

 前号でご紹介した「河越太郎重頼の墓」のある養寿院(川越市元町二丁目)。過去2年ともこのブログで、養寿院の黄葉するイチョウを伝えています。今年もまたその時期がやってきました。山門をはさみ立ち並ぶ2本の大銀杏のうち、境内にある方がいま見頃を迎えています。

Img_5870_1

 山門前に立つ大銀杏は、例年、境内の方より遅れて黄葉します。きっと来週のどこかで見頃になることでしょう(昨年のようすは、第286号「養寿院にて」を参照)
           *           *           *
 ところで、養寿院門前のうなぎ屋に、先日ご紹介した巨大ガエルの一味と思しき巨大なカメレオンが、これまた巨大な五円玉に跨がり鎮座していました。首には「金もないのにまよいこんだカメレオン」という名札がぶら下がっていました。流行りの謎かけか??……考えてみましたけど、全然整いませんでした。
Img_5886

写真下にみえる魚は、金魚ではなく錦鯉です。念のため。

*追加関連記事
雨上がりの養寿院門前にて(第409号)
燦燦たる養寿院門前の大銀杏(第412号)

(第407号)

|

« 河越太郎重頼の墓にて | トップページ | もみじ燃ゆる中院にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/50145010

この記事へのトラックバック一覧です: 養寿院境内にて:

« 河越太郎重頼の墓にて | トップページ | もみじ燃ゆる中院にて »