« 能登線追憶(14) | トップページ | 亡国の“子ども・子育て新システム” »

5年前、遠野にて

 5年前の2005年11月、友人と岩手県遠野市を訪ねました。
 花巻市内での所用に先立ち、その前日になぜか約90kmも離れた釜石駅にて友人と合流。そのまま釜石市内に泊まり、翌早朝、JR釜石線で遠野に移動。3時間ほどの短い時間でしたが、駅前からタクシーを貸し切って市内を“取材”しました。

 おもだった名所を巡ってもらったタクシーの運転手さんが最後にぜひ、とのことで「続石」へと案内してくれました。続石(つづきいし)とは、案内板によれば、2つ並んだ石の上の、一方のみに幅7m、奥行き5m、厚さ2mほどの巨石が笹石として乗った鳥居状の巨石群をいいます。続石のそばで山の神たちが遊んでいるところを邪魔した鷹匠が、その祟りを受け3日後に死んだという民話が、今年発刊100周年を迎えた柳田國男『遠野物語』の第九十一話に収められています。
 なんと!そのような伝承のある場所で友人は、“あるもの”を催しました。青ざめた顔で“紙”を所望されたので手渡すと、友人は続石の影へと消えていってしまいました。そこで何があったかは今もって知る由もありませんが、幸い友人はその後も健在です。

Img_5290
続石にて友人と。その大きさが伝わるでしょうか。

 ところで、7年前より毎年この時期になると、キリンビールから、その年に収穫したばかりの遠野産ホップを使用した「一番搾り とれたてホップ生ビール」が限定販売されています。昨年から一番搾りが麦芽100%になったのに合わせ、この限定ビールも、華やかさにいっそうの磨きがかかったように思います。正直これはウマイ。とにかく香りが良いのです!!

 店頭で、岩手県遠野産……というこの商品を見るたび、「続石」での上記一件を連想してしまいます。あれからもう5年かぁ、と今年もまた、懐かしく思い出されました。

Img_5738
 ちょっとグラスが汚れ気味だったのが残念。。。 ちなみに、左の漬け物は自家製のぬか漬けです。私が毎日ぬか床をかき混ぜています。24時間以上かかるようになった漬け込みに、秋の深まりを実感する今日この頃です。

(第402号)

|

« 能登線追憶(14) | トップページ | 亡国の“子ども・子育て新システム” »

コメント

 罰当たりなヤツですね。エラそうに腕組みなんかしてますし。
 そんな伝承のある場所で、“紙”をふんだくって続石の影に消えていったのに今も健在だなんて、神をも畏れぬ余程の豪傑か、あるいは、神にも見捨てられた、しょうもないオッサンのどちらかでしょう。
 あっ、それか、続石の裏で鼻をかんだだけかもしれませんね。あくまで、推測ですが。
 そんなことより、ビールとぬか漬け、美味そうですね!さっそく入手して、味わってみたいと思います。

投稿: ヤッジー | 2010年11月15日 (月) 18時42分

 ヤッジーさん、コメントありがとうございます。
 腕組みをしているエラそうな方が私かもしれませんよ…??…それか身震いかも。遠野に同行した友人とは、ヤッジーさんもよくご存じのあの豪傑なオッサンです。クレヨンしんちゃんの父ちゃん「野原ひろし」を見ると、必ずその友人の顔が思い浮かびます。それぐらい、よく似ています。足は相当臭いんでしょうね、きっと。

 そうですねえ、“紙”を差し出してから戻ってくるまでに少し時間がありましたから、もしかすると邪気を感じ、振り祓うために黙って経文でも書いて祠に納めてくれていたのかも知れません。だとしたら、友人に感謝しなければ!!(これも、あくまで推測ですが。)

投稿: 鉄まんアトム | 2010年11月15日 (月) 19時33分

”あるもの”・・・。

 ああ,あれねぇ~。

 モザイクかけざるを得ないよね・・。

投稿: くわ | 2010年11月16日 (火) 16時20分

 たびたび失礼します。
 「野原ひろし」ですか~、似てますかね?足が臭いかは知りませんが、オ○ラは相当臭いことを知っています。まあ、あんなヤツの話はもういいです。
 ブログを読んだら我慢できず、早速「一番搾り とれたてホップ生ビール」を買って帰りました。
 本当に香りがいいですね!口の中だけでなく、胸いっぱいにホップの香りが広がる感じです。ノドごしもいいし。香りで余韻を楽しめるビールだと思いました。
 前日を休肝日にしたせいか、ついグイグイっと行ってしまい、キリン一番搾り→サッポロ琥珀ヱビス→アサヒオーガニックプレミアムと、3社限定品飲み比べ大会となってしまいました。
 罰として、今朝は4時半起床で走ってきました。

投稿: ヤッジー | 2010年11月16日 (火) 17時25分

くわさん、ヤッジーさん、コメントありがとうございます。

>くわさん
写真に“あるもの”が写っているかどうかは判別不能でした。
彼がその後、続石での所為によって、運を身に着けたのか、運を掃き出してしまったのか。それもよくわからないところです。

>ヤッジーさん
「あんなヤツの話はもういいです」か~(^^)。わかりました。
今年の「とれたてホップ」は、出来が良いと思います。ご堪能されたようで、紹介した甲斐がありました。それにしても、飲み比べというよりは単なるハシゴですよねえ、その「大会」。でも今度ぜひ招待して下さい、罰ゲームはナシで。

投稿: 鉄まんアトム | 2010年11月17日 (水) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/50037449

この記事へのトラックバック一覧です: 5年前、遠野にて:

« 能登線追憶(14) | トップページ | 亡国の“子ども・子育て新システム” »