« 東北新幹線が“はやぶさ”の違和感 | トップページ | カエルが見つめる先にあるもの »

ゲゲゲの深大寺に行く

 石川県に住む知人が東京に来ていまして、多摩のある場所で会うことになりました。ふだん行く機会の少ない多摩地方なので、寄り道をすることに。で、選んだ場所は、東京都調布市の深大寺。現在放送中のNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」にも登場している古刹です。

 JR中央線の駅から出ている深大寺行きの路線バス。何の変哲もない都市近郊の住宅街を進むと、急に鬱蒼とした森へと分け入り、そこが深大寺。バス停からすぐのところに山門があります。拝観無料。
Img_2680

 せっかくなので護摩祈願。と言いたいところですが、時間もなく、護摩木に願い事を書いて供えるに留めました。願い事は…ヒ・ミ・ツ。100円也。
Img_2662

 深大寺といえば、そば。夕食前にもかかわらず一枚頂きました。700円也。
Img_2679

 もう1つ、深大寺といえば、ゲゲゲの鬼太郎を忘れてはいけません。参道には「鬼太郎茶屋」なる商店もあります。ねずみ男が邪魔ですが、どいてくれません。
Img_2675

 鬼太郎茶屋の奥には、妖怪の皆さんが首を長くしてのお出迎えです。
Img_2666

 この生け垣の反対側がバス停で、“こちら”の世界とつながっています。1時間はあっという間、今度はもっとゆっくり時間をかけて散策したいところです。

(第347号)

|

« 東北新幹線が“はやぶさ”の違和感 | トップページ | カエルが見つめる先にあるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/48356831

この記事へのトラックバック一覧です: ゲゲゲの深大寺に行く:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/05/15 09:06) [ケノーベル エージェント]
調布市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年5月15日 (土) 09時06分

« 東北新幹線が“はやぶさ”の違和感 | トップページ | カエルが見つめる先にあるもの »