« 相も変わらず万座へ | トップページ | 消えゆく八ッ場鉄道桜景 »

妙義山さくらの里に行く

P1110384

 万座への道中、妙義山南麓の「さくらの里」(群馬県甘楽郡下仁田町)に立ち寄りました。奇岩怪石がおりなす妙義山塊の景観は、日本三奇勝の一つと云われています。その斜面一体に約5,000本の桜が咲く風景とはどんなものだろう。ぜひとも一度は見てみたいと思っていました。
 現地に行っての感想は、想像以上。幾重にも折り重なるよう見える山中の桜は、こうも見事なものか。見下ろすも良し、見上げるも良し、そそり立つ岩壁群との組み合わせもまた絶妙。来年以降、やみつきになりそうな場所でした(臆病者なので、あの岩に登ってみたいという気は起きませぬが)。

 明るいうちの万座到着が厳しくなる午後2時、妙義山から下山し、国道18号線で碓氷峠を越えました。横川辺りの桜もちょうど満開でしたが、軽井沢に春の気配はありませんでした。桜前線にとっても“横軽”の急勾配は難所のようです。

P1110426

*撮影データ(上下とも) 2010年4月24日撮影 Panasonic LUMIX DMC-LX3
プログラムAE,Tv1/800,Av4.0,ISO80,ホワイトバランスオート,24mm

(第341号)

|

« 相も変わらず万座へ | トップページ | 消えゆく八ッ場鉄道桜景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/48240961

この記事へのトラックバック一覧です: 妙義山さくらの里に行く:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/05/03 09:13) [ケノーベル エージェント]
甘楽郡下仁田町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年5月 3日 (月) 09時13分

« 相も変わらず万座へ | トップページ | 消えゆく八ッ場鉄道桜景 »