« 日司政連幹事長、収支報告書の虚偽記載を否認へ | トップページ | 日司政連定時大会、強制会と表裏一体の組織活動方針を承認 »

株主限定特製ビール2010

 アサヒビールから、今年も「株主様限定特製ビール」が届きました。
 今年のお題目は、『自然のめぐみ』を感じられるような味わいを目指した、という麦芽100%生ビール。栽培期間中に農薬を使用していない有機麦芽と有機ホップを使用した「限定の味」だそうです。

P1110754

 色は、ごく淡い金色(薄めのウイスキー水割り程度)。口当たりは、滑らかで苦みをほとんど感じません。イヤな雑味もなし。のど越し後に、華やかだが控えめ、果実を思わせるような香りが広がります。
 それは「プレミアムモルツ」のようなガツンとしたものではなく、初恋の甘さというか恥じらいというか…。ところで、どんなだったっけ、初恋。――どうでもよくなってしまったところで、テイスティングは終了~。

 アサヒビールの株価は、最低売買単位分で16万2900円(5月18日東証終値)。これに対する年間配当金が2000円程度で、数量限定1000円相当の非売品ビール(350ml缶4本)付きです。
 ブツが届くまで、今年のテーマは何だろう、どんな味だろう、という楽しみがあり、まさにプライスレス。リスクを取ってもこの程度なら、定期預金と比べはるかに面白味があります。まあ結局のところは、新作商品の実験台なのでしょうけど…ね。

          *          *          *
Img_2765 テイスティングが終わったところで、あとは飲み干すだけ。つまみは、塩茹でのキヌサヤ。「畑で採れたから少しだけ」と両親が置いていったのは、なんとバケツ一杯分。目下のところスーパーでは、1袋10本程度で198円もする代物です。
 それにしても、採れたてのキヌサヤは甘くて美味しいんだよなあ…。ということで、『自然のめぐみ』を感じた由来がビールかキヌサヤかは微妙ですけど、今年の限定ビールは「合格」です!

 なお、去年も書きましたが、ふだん私は、アサヒビールのレギュラー商品はどれも買いませんし飲みません。けして「まんじゅうコワイ」の類の話ではありませんので、念のため。

*関連記事 今年の株主限定特製ビール(第212号)

(第350号)

|

« 日司政連幹事長、収支報告書の虚偽記載を否認へ | トップページ | 日司政連定時大会、強制会と表裏一体の組織活動方針を承認 »

コメント

アサヒビールファンの私としてはうらやましい限りです。株主限定って言葉に惹かれます。もう少し株価が下がれば買うんですけどね~

投稿: ミヤ | 2010年5月20日 (木) 16時09分

 ミヤさん、コメントありがとうございます。

 株主が何を抜かすか、と言われそうですが、私にはアサヒのビールは……。「スーパードライ」(SD)の味でいいのなら、発泡酒や新ジャンルで十分。SDと同じ予算なら、一番搾りかモルツにします。プレミアムを謳う「熟撰」はSDの延長線に過ぎず、「ヱビス」や「プレミアムモルツ」の足下にも及びません。ビールの基本は、やはり麦芽100%なのです。

 アサヒビールに対してはそんな評価なのに、株主限定、非売品、申込数量分だけの特別醸造、などに惹かれて株を買ってしまいました。権利確定は12月なので、まだ半年あります。ぜひお仲間になりましょう。株式投資の手法としては完全に間違っていると思いますが、幻のビールを16万で買ったと思えば…(高っ!)。

投稿: 鉄まんアトム | 2010年5月20日 (木) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/48399911

この記事へのトラックバック一覧です: 株主限定特製ビール2010:

« 日司政連幹事長、収支報告書の虚偽記載を否認へ | トップページ | 日司政連定時大会、強制会と表裏一体の組織活動方針を承認 »