« 尾瀬の山上に広がる楽園を見る | トップページ | 去りゆく尾瀬の秋風景(前編) »

川越夕景(20)

P1090748_1  台風一過の昨日、きれいサッパリ雲は流れ夕焼けはなし。今日は午後になって雲が多くなったので期待しましたが、これまた地味に日が暮れて行ってしまいました。夕焼けは、そう簡単には現れてくれません。

 定番中の定番、小江戸川越のシンボル「時の鐘」。ここで写真を撮るたび思うことは、景観に併せて造ったはずの街灯がとても邪魔に見えること。
 街灯を入れずに撮ろうと近づくと鐘が写らず、離れてみるとオレがオレがと街灯連中の迫り出しに遭う、それならズームでどうかと思えば夕焼けの濃い部分が写らない。そのうえ車や人の往来が激しく三脚は危険。名所ながら撮影に苦慮します。

 というわけで、鐘つき通りの街灯をシンプルなものに変更していただくよう希望します。
 
 *撮影日時 2009年10月9日17時22分 (写真クリックで拡大します)

(第261号)

|

« 尾瀬の山上に広がる楽園を見る | トップページ | 去りゆく尾瀬の秋風景(前編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/46439685

この記事へのトラックバック一覧です: 川越夕景(20):

« 尾瀬の山上に広がる楽園を見る | トップページ | 去りゆく尾瀬の秋風景(前編) »