« オオカミ少年と呼ばれても | トップページ | 気骨の判決という気骨のドラマ »

また頼みたくなる植木職人

 猫の額ほどの、という形容がぴったりの、猫1匹がやっと通れるような幅の狭いわずかな庭が自宅にあります。そこには前の持ち主が植えた庭木が茂り、引き継いだ私がテキトーに剪定をしてきました。しかし、木は成長する一方で高さは2階を超え、もはやシロウトの手には負えなくなりました。
 先日、あるお客様のご自宅に伺った際、立派な建物に調和するよう整えられた素敵な庭を目にしました。庭木の手入れ方を尋ねたところ、「若くて仕事は丁寧、こちらの意向通りに処理をしてくれる良心的でいい職人さん」にお願いしているのだとおっしゃいました。
 私も、その人にお願いすることに決め、お客様にご紹介とお言添をいただきました。
 それで後日、直接依頼の電話をし訪問いただく日時を決めました。しかし、電話をした数時間後、突然襲った豪雨によって木が倒れ、隣家にもたれ掛かってしまったのです。急ぎ職人さんに連絡をしたら、なんとその日の20時過ぎに駆けつけてくれ、応急処置のうえ元通り植え直して下さいました。途方に暮れていたので、これには本当に助けられました。
 それから改めて日程を調整し直し、先日、“シロウトの手に負えなくなった庭木”たちを、2日かけて剪定(一部伐採)していただきました。ご近所への迷惑も一気に解消、庭は見違えるようスッキリしました。近づいてみると、先日倒れた木には支柱や補強が緻密に施され、枝の切り口一つ一つにまで腐らぬよう薬が塗られていました。職人さんの木々への愛情が伝わってきます。
 植木屋さんを頼むのは以前に失敗したことがありちょっぴり不安でしたが、杞憂でした。お値段も十分に良心的で、今回、この職人さんに依頼できてよかったと思っています。紹介してくれた私の依頼者にも感謝、また頼みたくなる植木職人との出会いでした。

 長くなりましたけど、というわけで、お庭のご相談はぜひこちらまで。
 「力丸造園」 飯能市中藤上郷172-1(電話042-977-1600)

Riki_01 Riki_02
名刺にもセンスを感じます(右は裏面)。紙質を伝えられないのが残念です。

(第252号)

|

« オオカミ少年と呼ばれても | トップページ | 気骨の判決という気骨のドラマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/46044580

この記事へのトラックバック一覧です: また頼みたくなる植木職人:

« オオカミ少年と呼ばれても | トップページ | 気骨の判決という気骨のドラマ »