« 能登線追憶(8) | トップページ | 川越夕景(19) »

アッパレこうのす花火大会

P1070378
見物していた場所からの全体風景(左下の光跡は糠田橋)
花火があまりに高くあがるので、広角端24mmでも横画面では入りきりません(^^ゞ

 7月25日開催の“第8回こうのす花火大会”に行ってきました。
 鴻巣の花火大会に行くのは初めて。地図とにらめっこして、対岸の吉見側から見物しました。対岸といっても、打ち上げ地点からは荒川を挟んで500mほどの河川敷。遮るものは何もなく、空を見上げないと花火が視界に入らないぐらいの近さです。
 本大会の打ち上げ数は、なんと1万5千発。上尾や熊谷をも凌駕する県内最大規模。2尺、3尺の超大玉はないものの、尺玉の打ち上げがとても多く迫力満点の花火大会でした。川越からのアクセスもよく、来年以降も目が離せない注目すべきイチオシ花火です。

 ところで、先週の小江戸川越花火大会で花火の写真に初挑戦したワタシ。まったく思うようにいかず、お恥ずかしい写真を披露してしまったばかりです(第240号参照)。そこで今回、改めて挑戦することに。で、どうでしょう、少しは進歩したでしょうか。…でも花火は、やはり生で見るに限ります。

P1070392 P1070408 P1070419
中央と右の2枚は、多重露出やPhotoshopにて編集。右がエンディングの様子(左下の光の帯は“ナイアガラ”です)。左の1枚は、多重露出や合成などの編集を一切していません。ほんの一瞬の“開花”が写し撮られ、とてもいい感じに仕上がりました(シャッター優先AE,Tv1.3秒,Av2.0,ISO80,24mm,三脚使用)。P1070425

使用機材:Panasonic LUMIX DMC-LX3
撮影場所:鴻巣市糠田(地図はこちら

※この記事を綴っている間に、長男が絵日記を書き上げていました。親バカ丸出しsmileですけど、私の写真よりセンスがいいように思います。→→→

(第242号)

*追加関連記事 雨ニモ負ケズ還暦の熊谷花火大会(第247号)

|

« 能登線追憶(8) | トップページ | 川越夕景(19) »

コメント

こんばんは。
すばらしい写真ですね!

私も尺玉の、あのお腹に響く感じが大好きです。
夏の花火って感じですよね。

投稿: YUTOMO | 2009年7月26日 (日) 21時17分

はじめまして!こうのす花火大会実行委員会広報担当のサイドと申します。

素敵な写真と共に、こうのす花火大会のご紹介ありがとうございました!
ぜひ公式ホームページのフォトギャラリーにもご投稿ください。お待ちしております。

そして、お願いが!
息子さんの絵日記を、今後の広報活動で使用させていただけますでしょうか?最初はブログから、機会があれば広報誌や雑誌、来年のポスターに絵日記を募集なんていう構想まで思いついてしまいました!是非!!ご協力よろしくお願いします。
info@kounosuhanabi.com

投稿: こうのす花火大会実行委員会 | 2009年7月27日 (月) 00時36分

 YUTOMOさん、こんにちは。
 近くで見る尺玉は何ともいえませんね。そして、あの音。ライブの臨場感だけは現地でなければ絶対に味わえません。どんなに珠玉の写真や映像でも、それに優ることはないでしょう。
 だから、どれだけ道路が渋滞しようと電車が混もうと、現地の人混みでタバコの煙が無配慮に流れてこようとも、足を運んでしまうんですよね~。

 右は、ブログに載せる3つの写真の選外になった写真です。【写真はこちら】
 いま見直してみると、こちらの方がいいような気がします。

投稿: 鉄まんアトム | 2009年7月27日 (月) 11時22分

 サイド(こうのす花火大会実行委員会)さん、はじめまして。
 ようこそ当ブログにお越し下さいました。サイドさんほか運営スタッフの皆さんのおかげで、すばらしい花火を楽しむことができました。ありがとうございます。
 「こうのす花火大会」の公式ウェブやブログを見ていると、企画運営されている方々の“みんなぜひ来てね”という熱意というのか、もてなしの心意気が伝わってくるような気がします。「あっぱれ」を置いて他にコトバはない。初訪問でしたけど、そんな印象をもちました。ほんとうにお疲れ様でした。

 ところで、その他2点。
 写真の投稿など思ってもいませんでした。じっさい、投稿されている写真は、皆さんすばらしいものばかりです。恐れ多いですが、時間があれば挑戦してみたいと思います。
 それから、愚息の絵日記の「今後の広報活動で使用」。文章の方は、ちっとも“なってない”ですけど、喜んでご協力申し上げます。もちろん、尺玉の連発に大喜びだった本人の了解も得ました。詳細は追ってメールにてご連絡することにします。

 来年以降も、「こうのす花火大会」が成長を続けていくといいですね。

投稿: 鉄まんアトム | 2009年7月27日 (月) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/45744709

この記事へのトラックバック一覧です: アッパレこうのす花火大会:

« 能登線追憶(8) | トップページ | 川越夕景(19) »