« 図書館の本に線を引く不届者 | トップページ | 川越城本丸御殿保存修理工事見学会に行く »

鉄道のある川越水田風景

 爽やかなる青空や艶やかなる夕空と田植え間もない水田。そこを列車が通り過ぎて行く風景を写し撮ろうと狙っていますが、毎日が曇り空。この先の天気予報も雨で、なかなかチャンスが回ってきそうにありません。田植えの終わった田んぼの苗は、日々ぐんぐん伸びていきます。
 少なくなりましたけど、川越市内にはまだ至る所に水田が残っています。しかし、鉄道が通っている場所といえば、今回や18日付け「川越夕景(15)」で紹介した古谷本郷地区、24日付け「雨に煙る川越水田風景」で紹介した小ヶ谷地区、それとJR川越線沿線の大仙波・南田島地区、上野田町や笠幡地区にごくわずかある程度です。
 気付くと、以前は田んぼだったところなのに、耕作を止め荒れ地になっていたり、真新しい住宅が建ち並んでいたりします。そう思うと、地味で平凡な通勤電車の写真でも撮っておく価値はありそうです。P1060559
JR川越線指扇-南古谷間(川越市大字古谷本郷) 2009年5月25日撮影

(第222号)

|

« 図書館の本に線を引く不届者 | トップページ | 川越城本丸御殿保存修理工事見学会に行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/45156063

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道のある川越水田風景:

» ケノーベルからリンクのご案内 [ケノーベル エージェント]
川越市エージェント:記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載しました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2009年5月29日 (金) 09時27分

« 図書館の本に線を引く不届者 | トップページ | 川越城本丸御殿保存修理工事見学会に行く »