« 今年の株主限定特製ビール | トップページ | 川越夕景(15) »

15年前、悲別で

Fh000010

 15年前の1994年5月13日、私は、学生時代の友人たちとともに、北海道の「悲別(かなしべつ)駅」にいました。悲別駅とは、1984年のテレビドラマ「昨日、悲別で」(脚本:倉本聰)のロケ地となったJR函館本線上砂川支線(砂川-上砂川間7.3km)の上砂川駅のことです。
 上砂川支線は、独立した線名を持たず、函館本線という大幹線の一部という扱いであったことで、国鉄ローカル線が相次いで廃止された時代にあって奇跡的に生き延びることができた鉄道路線です。この日、列車は超満員、駅も大混雑でした。
 北海道を舞台にした倉本作品といえば「北の国から」があまりにも有名ですが、「昨日、悲別で」の評価も高く、こちらのDVDなどが一切存在しないことは、もったいない、としか言いようがありません。Fh000014

 私たちが訪問した3日後、上砂川支線とともに悲別駅は廃止されました。「いつかまた、悲別で-」が叶うよう、悲別駅は位置を変えながらも保存されているそうです。

(第214号)

|

« 今年の株主限定特製ビール | トップページ | 川越夕景(15) »

コメント

悲別駅,あったんですね。
たぶん夕方に再放送していた「昨日、悲別で」を見ていました。
丸坊主のガキんちょでしたが,「風」が歌う「22才の別れ」が,何とも切なく悲しく響いていたことを覚えています。
DVDなどが一切存在しないんですか。残念です。

投稿: ヤッジー | 2009年5月14日 (木) 18時47分

 ヤッジーさん、コメントありがとうございます。
 そう、エンディングが「22才の別れ」でしたね。

 ♪あなたは あなたのままで 変わらずにいてください そのままで

 この曲には苦い思い出があります。…私にもあったんです、22才の別れ。当時は、司法書士試験受験のための浪人生=無職。その頃そんな言葉はありませんでしたけど、ニートでした。
 ろくに試験勉強もせず、予備校通いのポーズだけ。かたや相方は就職して社会人一年生。さぞかし、情けない男として彼女の目に映っていたことでしょう。携帯もメールもない時代、会うことも話をすることも叶わぬ別れが突然訪れました。
 しかし、いま思えばその別れは必然。そのおかげで私は目を覚ましました。それから1日も休まずがむしゃらに勉強し、その勢いで翌年の司法書士試験に合格できたのです。私の場合、この詞のように「変わらずにいて」はダメでした。
 だから、“22才の別れ”なくして今日の私は存在しないはず。私に変わるきっかけを与えてくれた彼女には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。この曲を聴くたび、そう思い返しています。

投稿: 鉄まんアトム | 2009年5月15日 (金) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 15年前、悲別で:

« 今年の株主限定特製ビール | トップページ | 川越夕景(15) »