« 川越夕景(14) | トップページ | 田谷堰の桜風景 »

圧巻だった誉桜花吹雪

 連載を続けている新河岸川(旧赤間川)沿いに咲く「誉桜」。今年も、見納めの時がやってきました。8日以降本格的に散り始め、9日には、見る見る間に木から花が減っていくのがわかるようになりました。川の水面は散った花びらで一面埋め尽くされ、まるで白砂を敷いた小道のようです。

P1050729 P1050730
 夕暮れの一時、風に煽られたくさんの花びらがいっせいに舞いました。これまでに見たこともないような桜吹雪です。視界も遮られ、居合わせた人の口々から言葉にならぬ歓声が沸き起こりました。慌ててカメラのシャッターを切りましたけど、ブレてうまくは撮影できませんでした。なんとか写ったのが上の2枚ですが、私の写真では伝えることができない圧巻の光景でした。

 こうして、桜にうつつを抜かした日々は仕舞いとなります。
 気付くと、桜は散っても木々には若葉が芽生え、花もたくさん咲いています。
 花を楽しみ、団子も楽しみ、そろそろ仕事に取り掛かることにしますか…。

P1050715

●関連記事
川越夕景(14)(第197号)
“誉桜”満開風景(第196号)
新河岸川観光舟運という春風雅(第195号)

(第198号)

|

« 川越夕景(14) | トップページ | 田谷堰の桜風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/44624939

この記事へのトラックバック一覧です: 圧巻だった誉桜花吹雪:

« 川越夕景(14) | トップページ | 田谷堰の桜風景 »