« 能登線追憶(6) | トップページ | 堰とポプラのある風景 »

いまだけの特別な色を求めて

P1050909

 桜が終わったと思いきや、今度は新緑かよ。
 このブログを続けてご覧の方なら、タイトルと写真を見れば、誰もがそう思うことでしょう。

 写真は、この週末、玉川上水の新緑風景を写し撮ったものです。桜の開花が早かったように、新緑もこの時期にしては深めの色合いです。というように、いっそのこと新緑の話題だけで締めてしまってもいいと思いつつ、やはり、今日の本題を取り上げておくことにします。

 本日わたくしが求めた「特別な色」とは、新緑ではなく、じつは電車の塗装のことなのです。西武線を走る車両の中で、いまや最古参となった101系電車。そのうちの1編成4両がデビュー当時の“ツートン”塗装を施され、3月末から多摩湖線(国分寺−西武遊園地間9.2km)で走っているという情報を耳にしたのです。
 そこで、生ツートンをこの目で見ようと、長男を連れて同線の中間である萩山駅に向かいました。1時間ほど待ってみましたけど、ツートンはいっこうに現れません。もしやと思い、車両基地のある3駅先の拝島線玉川上水駅まで行ってみることにしました。そうしたら案の定ツートンは、基地の一番奥でお休みしていました。
 駅の外に出て車両基地沿いの道路を進んでみましたが、ほかの車両の影になって見ることはできません。駅に戻って駅員さんに尋ねたところ、今日は動かない、ということだったので、あきらめて駅構内にあるマクドナルドで昼食を取りました。

 このまま手ぶらで帰るのも何だし、ということで玉川上水を散歩して帰ることにしました。それで駅前から上水に沿って歩き始めると、何と!ツートンが基地内で入れ替えをしているではあP1050861 りませんか。慌てて線路際まで走りましたけど、ツートンは再び基地の奥の方へ。これではまともな写真など撮れるはずがありません。今日はこれで万事休す、です(ちなみに、そのようにして撮った写真が右のもの)。

 ところで、「鉄仮面」という異名を持つ新101系電車。その兄貴分にあたる旧101系電車の登場は、西武秩父線(吾野−西武秩父間19.0km)開通に合わせた1969(昭和44)年。両者とも今年で40周年を迎えます。
 昔の西武線といえば、いわゆる“赤電”。ローズとウォームグレーの電車です。それが40年前、101系で西武線に初めて黄色い電車が登場するのですが、以前はいまのような黄色一色ではなく、ツートンカラーの塗り分けが施されていました(2000年までに順次一色化)。私には、ツートンの姿の方が品があるように思え、赤電の面影もあって断然好きです。
 新車両の投入で101系の活躍もそろそろ見納め。残りの車両も全部デビュー当時の塗装を復活させ、往年の姿を沿線に見せてもらいたいものです。P1050889

 そんな姿をちょっとだけ拝んで、国分寺線の鷹の台駅まで、玉川上水沿いの遊歩道を4キロほど歩きました。予定外の森林浴を堪能し、麗しい気分で帰りの電車に乗り込み家路につきました。塗装が再び変わらぬ近いうちに、リベンジしたいと思います。

(第203号)

*追加関連記事 西武多摩湖線の“ツートン”(第208号)

|

« 能登線追憶(6) | トップページ | 堰とポプラのある風景 »

コメント

多摩湖線、玉川上水・・・なつかしいですね。20年以上前、同線で通学し、上水沿いの遊歩道をときどきジョギングしていたことを思い出します。ところで最近、自宅近くのローカル私鉄では、旧国鉄101系の各路線色(オレンジ色の中央線快速・黄色の中央総武線・黄緑の山手線・青の京浜東北線)の電車が走っているようです。3両編成ですけど。

投稿: 末吉 | 2009年4月19日 (日) 10時09分

 末吉さん、コメントありがとうございます。
 玉川上水は羽村堰から四谷まで全長約43km(うち開渠部分は30km)。足下は土で、沿道の交通も至便なので、ウォーキングやジョギングには適していますよね。末吉さんの脱いだらスゴい筋肉質の身体は、その頃からの積み上げなんですね。
 西武の国分寺線、多摩湖線、拝島線は、異様に錯綜していて線路も平面交差。そのうえ多種多様な直通運転(以前は分割併合もあったが廃止)。鉄道ファンとしては面白味がありますけど、駅名も似通っているため、たまに乗ると私でも間違えます。

 ところで、ご指摘の旧国鉄101系。秩父鉄道で“原色”に戻され走っていますね。黄緑は細かくいうと「ウグイス」で、しかも復活したのは、なぜか山手線ではなく関西線カラー(全面に黄色の帯つき)です。蒸気に貨物に国鉄色にと、秩父鉄道には魅力がたくさんあります。
 リバイバルがちょっとしたブームになっていますけど、こうして比べてみると、どれも元のままの姿の方が美しいことに気付きます。塗り替えをして良くなった例を見たことがありません。良いモノを無理に変える必要がない、悪い方に変わると元の姿を取り戻すのに時間と手間がかかることの一例です。

 なお、新緑の写真を1枚追加しました。よろしければご覧下さい。
 冒頭が「すいしゃ橋」、末尾が「くぬぎ橋」からそれぞれ撮ったものです(たぶん)。

投稿: 鉄まんアトム | 2009年4月19日 (日) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いまだけの特別な色を求めて:

« 能登線追憶(6) | トップページ | 堰とポプラのある風景 »