« これで底打ちか | トップページ | 絹と聞いてビールを連想する男 »

プチ・メジャーデビュー!?

P1030676 川越市内の朝日新聞読者に向けて、毎月第1木曜日に発行している「あさひかわらばん川越」という無料の地域情報紙があります(発行5万部)。
 同紙の「花旅」という欄では、表紙及び中面を使い、川越から日帰りで行ける月ごとの花の名所1箇所と、その周辺のおすすめスポットが連載されています。最新の3月5日発行号では、川越市内及び近隣の“桜”情報が掲載されていました。
 今回の表紙を飾るのは、当ブログで昨年紹介した新河岸川の氷川橋から眺める『誉桜』の風景でした。手前味噌で大変に恐縮ですが、じつはこの表紙、私が撮影した写真が使われています。先月、たまたま私のブログに辿り着いた同紙編集室の方から、写真を借用したい旨のご連絡を頂きました。もともとここの桜風景が大好きで、その素晴らしさを伝える意味もあってブログに紹介したので、よろこんで素材を提供することにしました。
 どんな紙面になるのか楽しみにしつつ、より良い素材が見つかってボツになるかもと心配したり…。待つこと1カ月、結果は無事採用でした。地域限定のフリーペーパーとはいえ、これが私の写真の公刊物デビュー作です。

 ちなみに、自慢話だけでは申し訳ないので、埋め合わせに情報を1つ。
 新河岸川の誉桜は、黒い川の水面に水鏡で映って上下に咲き誇る満開までのとき、それを過ぎて桜吹雪が舞い水面に浮かぶ散った花びらが見事な散り際のとき、どちらも違った趣で見応えがあります。それから写真の画角での光線具合ですけど、午前中はほぼ順光、午後は斜光から真左を回り、夕方には半逆光となります。さらにもう1つ。現地は車の往来が激しいので、事故にはくれぐれも気をつけて。

 今年もまた、早ければあと2週間ほどで咲き始めます。そして、桜の表情は日ごと移ろいます。それぞれの瞬間を楽しみましょう。

●関連記事
2008年4月3日付け「桜、みましたか」(第52号)

(第177号)

|

« これで底打ちか | トップページ | 絹と聞いてビールを連想する男 »

コメント

広田 様

この度はありがとうございました。
また、このように小紙を取り上げていただき恐縮です。

読者の皆さんからの反響も上々です!
また、何かの折にはよろしくお願いいたします。

投稿: あさひかわらばん川越編集室 | 2009年3月10日 (火) 18時32分

こんなに大きく表紙に使って頂いて、本当に光栄です。
掲載記事を参考に、身近なところでの「桜旅」をしてみたいと思います。

次号以下の「花旅」も楽しみにしております。
また機会があれば、どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: 広田博志 | 2009年3月11日 (水) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/44279591

この記事へのトラックバック一覧です: プチ・メジャーデビュー!?:

« これで底打ちか | トップページ | 絹と聞いてビールを連想する男 »