« 信濃路の終わりにある鉄道風景 | トップページ | サクラサク »

これでもかのブルトレ便乗商法

 昨年12月に、東京と九州を結ぶブルートレイン「富士・はやぶさ」の廃止が決まってからというもの、誰が煽ったか、“にわかブルトレブーム”が巻き起こりました。
 いまさらなんだよ的なツアーが跋扈し、そのおかげで一般利用者の寝台券が取れなくなったことを筆頭に、見向きもしなかったマスコミが一斉に群がり“知ったか情報”を垂れ流し、もうかると踏むや車内販売を再開し、関係するグッズもあらゆるジャンルで次から次へと売り出され……。思うに、こういった商魂は、列車や路線が無くなることに向けて発揮するのではなく、存続することに活かしてもらいたいものです。
P1040053 そんな連中の策略には乗せられまいと虚勢を張ってはいるものの、あちらこちらで足をつかまれ、小出しにカネを落としてしまっています。そして、魔の手は全国展開のコンビニにまで及ぶ事態に。
 結局、飲みもしない缶コーヒーを6本も買わされました。くやしいから、せめてもの抵抗として、どこのコンビニの限定モノかは内緒にしておきます。

●関連記事 東京駅からブルートレインが消え去る日(第145号)
これまでの「富士・はやぶさ」関連記事のリンクは、そちらに掲載しています。

(第183号)

|

« 信濃路の終わりにある鉄道風景 | トップページ | サクラサク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/44396974

この記事へのトラックバック一覧です: これでもかのブルトレ便乗商法:

« 信濃路の終わりにある鉄道風景 | トップページ | サクラサク »