« イタイどろぼうさん?! | トップページ | 長門本山、そして仙崎という終着駅へ »

教えて下さい その意味を

 2月4日、さいたま地裁で1つの判決がありました。
 昨年9月、川越市内で、重度のダウン症を持つ長男(当時27)の将来を悲観した妻(同53)から懇願され、2人を殺害し自らも自殺を図った夫(同57)に対する刑事裁判の一審判決です。
 新聞報道に基づく裁判で現れた事実によれば、次のようなことが明らかになっています。
・体調が悪化して長男を介護できないと自分を責める妻に「3人で死のう」と言われ、決意した。
・長男の知能は2、3歳程度。生後間もなく医師に「20年ほどしか生きられないのでは」と言われた夫婦は「子どもに罪はない。この20年を大切にしてあげよう」と誓った。
・介護は過酷だった。食事やトイレなども付ききりで妻が世話したが、自分の便を口に運ぶ長男を抱きしめ、泣いたこともある。
・成人すると長男は暴れたり、妻の髪の毛を抜いたりもした。
・事件の約2年前より、妻が頭痛やぜんそくなど体調不良を訴え、40年間勤めた会社を定年退職した夫も介護を手伝った。しかし、妻の体調はますます悪化した。
・3人のうち誰かがかけることは考えられなかった。しだいに心中を望むようになった。
・事件1カ月前、妻は果物ナイフを手に「私と長男を刺して」と懇願。
・事件前日に、妻から「遺書を書いた」と伝えられ、夫の心は折れた。
 そして2008年9月10日午前1時頃、夫は就寝中の妻と長男の首などを果物ナイフで刺した。自らも風呂場で手首を20カ所以上傷つけたが、死にきれずに110番通報した。

 「なぜ自分だけ残ってしまったのか。死刑にして欲しい」。公判でそう訴えた被告人に対し、裁判所が出した答えは懲役7年の実刑判決でした。
 判決では、「被告人は妻とともに、長男の介護という負担を伴う家庭生活に被告人なりに向かい合ってきた。2人に対する愛情から、自ら死を覚悟して事件に及んだもので、酌むべき事情がある」と。
 その判決を書いた裁判長は、判決言い渡しの際、被告人に言葉をかけます。

 「今のあなたには届かないかもしれないが、『他に方法がなかった』と事件に及んだことを大変残念に思う。長男がダウン症を持って生まれてきたことには必ず意味がある。あなたが生き残ったことにも意味があることを受け止めて残された人生を生きて欲しい。」

 しかし、障害を持って、障害を持った子どもを抱えて、この社会でふつうに生きていくことは簡単なことではありません。背負う負担だって尋常なものでもありません。365日24時間休まずの介護を必要とする人間が目の前にいて、障害を持って生まれたことの意味など考えている余裕などないのです。

 わが二男のことで私が現実に体験したことを言えば、困って市役所へ相談に行っても、まったく他人事な対応をされたことは一度や二度の話ではありません。
 市役所の職員の方々の大多数は、ほんとうに親切親身になって対応して下さいます。介護や福祉の現場にいる市の職員の方々は、みなわが子のことのように接し献身的な介護をして下さいます。
 その一方で、物を扱うよう冷たく事務的な対応で専門的知識もゼロ。窮状を訴えかけても、「困りましたねえ…」の一言だけ。こちらがあきらめて帰るのをただ待つだけの職員も、ごくわずかですが存在しています。
 そういう人にあたってしまうと、障害者自立支援法ではこういうサービスがありますよ、ということですら、こちらが幾度となく市役所に出向き深く深く何度も尋ねるまでアドバイス1つしてもらえません。それをようやくの思いで聞き出して、そのサービスの利用申請を受け付けてもらえても、支給決定をすんなりしてもらえません。そのハードルを乗り越えても、今度はサービスを提供している事業所がないために結局はサービスを受けることができないでいます。それで挙げ句に、「利用しないのなら支給決定を取り消す」と言われる始末です。
 利用したくてもサービスを提供している事業所がないから利用できないと訴えても、「そうですね…」でおしまいです。サービスを提供している事業所を探してくれることなどしてもらえず、事業所一覧の紙片を手渡され、1件1件自分で確認しろと言われます。“他の道”など見えるはずもなく、失意の中で市役所を何度あとにしたことでしょう。
 二男は、障害があることを理由に、ただそれだけで、川越市の公立保育所への入所を2年間にわたって拒否されました。妻が解雇寸前のところまで追い込まれ、やむなく起こした2度の行政不服審査法に基づく異議申立て(1件は棄却、1件は取下)をきっかけとして、3年かかってようやく保育所に受け入れてもらったことがありました。私たちを冷たくあしらうだけの職員も、私たちを保育所で受け入れるべく必死な努力をして下さる職員も、どちらも同じ市役所の中にいます。

 だから、判決で、第三者に相談したり他にとるべき手段があったと指摘して「動機、経緯はやはり短絡的であったと評価せざるを得ない」といいますが、この事件の当事者と同じ川越市民として、ときに他の道がすべてふさがっていることを肌で感じてきた私にとって、裁判長の言は、やはり綺麗事の空論にしか聞こえません。

 裁判長が言う、子どもが障害を持って生まれてきたことの意味とは何でしょうか。社会は、私たちにその意味が理解できる態勢を整えてくれていますか。人々は、その意味を共有してくれていますか。
 障害を持つ子を抱えた親たちは、誰もがみな大変な思いをしています。ただ、私自身がそうであったように、実際に自分の身に降りかからないと、その大変さは理解できないことだと思います。これは仕方のないことで、私は、誰かを責めるつもりなどありません。
 それでも、もし私たちの社会が、障害は誰にでも起こりえることであるという共通の認識の上に立って、現に障害のある人をあるがままに社会全体で受け止めている世の中だとしたら、このような事件は起こらなかったのではないでしょうか。
 日々、私たちをサポートして下さっている方々を前には申し上げにくいことですけど、現実には、いまのこの国で障害を持って生き抜くということは、区別という差別にさらされ、さげすみ見られながら生きていくという覚悟が必要です。法制度においても、形式的な平等主義や公平主義が幅をきかせ、健常者と同じ土俵、同じスタートラインに立たされています。
 なので私は、裁判長が被告人に対し、実刑を与えて障害を持ったことに意味のあることを諭すその前に、このような事件が起こった社会に対し、事件そのものの意味を問いかけるべきなのではないか、と思うのです。この事件の当事者に明日の我が身が重なってしまう私は、障害を持って生まれたことに「ある」というその「意味」について、二男が生まれて5年が経とうといういまも、未だ納得のいく認識を持てないでいます。

*関連記事
都立清瀬小児病院をなくさないで(第87号)
150分の100分の2(第81号)
命を繋いで4年間(第57号)
「どんぐりの家~それから~」(第27号)

(第164号)

|

« イタイどろぼうさん?! | トップページ | 長門本山、そして仙崎という終着駅へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/44006187

この記事へのトラックバック一覧です: 教えて下さい その意味を:

« イタイどろぼうさん?! | トップページ | 長門本山、そして仙崎という終着駅へ »