« 川越夕景(5) | トップページ | 川越夕景(7) »

川越夕景(6)

 きょうは休日在宅勤務。
 でも外は,昨日とは打って変わって雲一つない晴天。富士山が山肌まではっきりと見えました。こんな日は,雲が赤く輝く夕焼けとはひとあじ違う,空そのものが赤く染まる夕焼けが期待できます。持ち帰った仕事を必死に片付け,夕方,”とっておき”の場所に向かいました。
 着いてみると,富士山は薄ぼんやりとしていて残念!と思いましたが,日没まで待ってみることにしました。山の稜線に日が沈み山並みが青黒くなってくると,どうでしょう!富士山だけが赤く染まり始めました。16時28分前後の5分間ほど,これは見事でしたがお見せできる写真にはなりませんでした。
 赤富士が終わる頃には辺りはもう真っ暗。奥に見える八瀬大橋にも照明が灯りました。すると,さっきまでの薄ぼんやりがウソのように,富士山はくっきり見えるようになりました。手前を流れる入間川の水面には「逆さ富士」が現れ,橋を行き交う車のライトの光跡が写り込み,なかなか幻想的ではないかと自己満足しています。

P1010929

 逆さ富士というと富士五湖が思い浮かびますが,川越でだってこうして見られます。
 でも,邪魔なものが入らずにここまで大きく写るのは,川越ではここだけかもしれません。
 それにしても写真を撮る人は,みなさんよく知っていますね。今日も,暗くなってからの一番いい時間に,三脚と一眼レフかついでやってきた人がいました。その人曰く,「先週は月がいっしょに写って,もっと良かったんですよ~」。気象の条件だけでも大変なのに,天文の計算まで考えているとは…恐れ入りました。

*撮影データ
Panasonic LUMIX DMC-LX3,絞り優先AE,ISO80,Tv1.6,Av6.3,108mm(EZon)
ホワイトバランスオート,ストロボoff,元サイズ2112×1408
リサイズ修正のみ,色調補正及びトリミングなし。川越市的場にて17:04撮影

(第141号)

川越夕景(5)<<   >>川越夕景(7)

|

« 川越夕景(5) | トップページ | 川越夕景(7) »

コメント

私:「富士山がきれいに見えるところに行くけど、いっしょに行くか」
子:「えっ、これから富士山に行くの? 行く、行く!」
私:「タァ~コ、富士山に行ったら富士山は見えないじゃないか」
子:「あ、そうか。じゃ、行かない」
私:「…」

 ということで、この撮影には結局一人で出かけたわけですが、正解です。
 ガキんちょがいたら、石など投げ込まれ波紋が起きてしまうところでした。波紋は水面にとどまらず、ほかに撮影をしている人の神経にまで広がる恐れがあります。
 でも、鳥や魚だけはどうにもなりません。こちらの事情などお構いなしに飛び跳ねたり、勢いよく舞い降りてきます。じつは、それはそれで絵になったりして、水鏡とどちらの写真がいいか悩みの種になることもあります。

 空が最も焼けたときの状態がこの写真なのですが、ビミョーな波紋のせいでボツになりました。中途半端な波紋は絵になりません。それにしても、カメラは標準設定、画像ソフト等での編集も一切せずにこの色合いです。見応えのある夕焼けでした。

http://hirotahiroshi.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2008/12/09/p1010919.jpg

投稿: 鉄まんアトム | 2008年12月 9日 (火) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/43351351

この記事へのトラックバック一覧です: 川越夕景(6):

« 川越夕景(5) | トップページ | 川越夕景(7) »