« 川越夕景(7) | トップページ | ぶたのぶたじろうさん »

凍てつく朝

 凍てつく、というと大げさでしょうが、先週は暖かい日が続いたので、けさの寒さは応えました。
 自宅そばに借りている駐車場に停めている車は、助手席側から日が当たり、真冬でも出勤時間には車内がP1020084ポカポカに暖まっていました。ところが、隣の区画の車が大きなワンボックスタイプに変わった今年、その車で日差しが遮られ、出勤時間になっても窓は凍ったままの状態です。
 けさは、もう車全体が真っ白に凍り付いていました。近づいてよくみると、それは小さな霜柱のような氷の結晶の大群団でした。車を日の当たる場所に少しだけ移動したら、結晶群は見る見るうちに溶け出して蒸発してしまいました。

(第143号)

|

« 川越夕景(7) | トップページ | ぶたのぶたじろうさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/43427906

この記事へのトラックバック一覧です: 凍てつく朝:

« 川越夕景(7) | トップページ | ぶたのぶたじろうさん »