« 登記簿の数字表記について雑感 | トップページ | 能登線追憶(1) »

川越からの山岳眺望

P1000448
 きょうは、曇天にもかかわらず空気が澄んでいました。
 川越の法務局からは赤城山の稜線がきれいに見えました(送電線だらけで美しくはありませんけど。しかも山座同定を一度もしていないので、これが赤城山かどうか確認はしていません。もしも勘違いをしているようでしたら、どなたかご指摘頂けると助かります。ちなみに、右端に写っている大きな建物は川越西郵便局です)。
 川越からは、南は丹沢山地や富士山、西は奥武蔵の山並みの向こうに奥多摩や秩父山地、北は赤城山から日光の山々、そして東の方は筑波山までの山岳眺望が楽しめます。秋から春にかけての空気の澄んだ日には、山の地形まで分かるぐらいハッキリ見えることもあります。あって年に1、2回と極めて稀ですが、雪を被った浅間山が悠然とそびえている姿を目にすることもあります。
 もっとも、浅間山に限らず、秩父の山であっても毎日見られるわけではありません。遠くの山並みが見られるときにカメラを持っているとも限りません。きれいな山岳眺望写真を撮るには、毎日カメラ持ち歩くしかありませんね(三日坊主の懸念あり)。

*追加関連記事 川越から見る奥多摩初冠雪(第413号)

(第119号)

|

« 登記簿の数字表記について雑感 | トップページ | 能登線追憶(1) »

コメント

 きょうは、2009年1月7日。

 午前のいっとき、ずいぶんと山が見えていました。
 川越の法務局庁舎からは、赤城山はもちろん日光男体山がはっきりと見え、赤城の奥には上越国境の山並みが白く輝いて見え、妙義の先に浅間山、そして(たぶん…)その先の四阿山まで見えていました。富士山や丹沢山地なども余裕で確認できました。

 残念ながらカメラを持っておらず、しかも10時過ぎには見えなくなってしまいました。

投稿: 鉄まんアトム | 2009年1月 7日 (水) 13時30分

川越に住んだとき、マンションから見た赤城山が故郷の旭川で見る大雪山に良く似た山並みだなぁと懐かしくなりました。勿論大雪山の方が高さはありますが山の見える風景に慰められました。

投稿: フジマル | 2014年8月22日 (金) 22時31分

フジマルさん
拙い写真の記事へのコメント、誠に恐縮です。実はもっとキレイに見えるときや場所があるんです‥‥いつかちゃんと撮って紹介したいのですが‥‥。

大雪山の眺めといえば、新婚旅行で美瑛に行ったときの、あの丘越しに見た景色が忘れられません。
http://hirotahiroshi.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-0c86.html

投稿: 鉄まんアトム | 2014年8月24日 (日) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/43010950

この記事へのトラックバック一覧です: 川越からの山岳眺望:

« 登記簿の数字表記について雑感 | トップページ | 能登線追憶(1) »