« 小が大を兼ねるデジカメ | トップページ | 登記簿の数字表記について雑感 »

黒砂糖のちから

 ここ数日、朝晩だいぶ冷え込むようになってきました。今日は曇りで日中でも肌寒く、事務所ではこの秋はじめての暖房を入れました。
 そんな時季にありがちですが、ちょっと気を緩めたスキに体調を崩してしまい、一昨日から本調子ではありません。
 疲れがたまっているせいもあるので、そんなときはさっさと家に帰り、夜更かしをせず、しっかり睡眠を取るしかありません。そしてこういうときは、寝る前に、蜂蜜に漬かった梅干や黒砂糖(さとうきび100%の純黒糖)を食べるのが早期快復の秘訣です。
 黒砂糖には、P1000195血行循環を良くして身体を温める作用もあるそうです。それなのに、黒砂糖を食べた後、うっかりしてお客様から頂戴した柿を食べてしまいました。柿は身体を冷やします。
 双方の効用を相殺させてしまった格好ですが、それでも今朝、目が覚めたら、昨日よりは身体が軽いような感じがしました。皆さまも、風邪などお召しになりませぬようご自愛下さいませ。

(第117号)

|

« 小が大を兼ねるデジカメ | トップページ | 登記簿の数字表記について雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/42962597

この記事へのトラックバック一覧です: 黒砂糖のちから:

« 小が大を兼ねるデジカメ | トップページ | 登記簿の数字表記について雑感 »