« 都立清瀬小児病院をなくさないで | トップページ | スイカ高 »

夕凪の街 桜の国

 きょう8月6日,広島原爆の日。
 その日に,さいたま市で,昨年公開された映画「夕凪の街 桜の国」の上映会がありましたので鑑賞してきました。…それからわずか数時間ですらすらと感想を書けるほど,この映画が訴えかけるものは軽いものではありませんでした。
 1945年8月6日午前8時15分。この瞬間に人の手により起こされたことは,その瞬間に広島にいた人だけを襲ったのではなく,63年経ったいまこの瞬間も人々を襲い,未だ苛まれている人たちがたくさんいるという現実。原爆投下は,けして遠い過去の歴史などではない,ということを改めてこの映画が考えさせてくれました。
 原作本は短編の漫画です。数時間で読み切れます。DVDも市販されています。2時間で見終わります。皆さんもぜひ接して下さい。

映画「夕凪の街 桜の国」OFFICIAL SITE
http://www.yunagi-sakura.jp/

F1010106 Img_2074
 原作本には2種類あります(左がオリジナル、右が文庫)。オリジナルは裏表紙まで絵が広がって装幀が美しいですし、文庫には文庫版だけのあとがきがあって興味深い。値段の差は340円。お好みでどうぞ。
 私は、これまで2回、広島の平和記念公園&資料館を訪れています。1度目は1989年8月6日、2度目は2002年3月2日でした。今度は、もっとじっくりと平和記念資料館を見学するために、子どもも連れて訪問したいと思います。

(第88号)

|

« 都立清瀬小児病院をなくさないで | トップページ | スイカ高 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/42090737

この記事へのトラックバック一覧です: 夕凪の街 桜の国:

« 都立清瀬小児病院をなくさないで | トップページ | スイカ高 »