« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の4件の記事

川越市役所前にカエル出没

 最近,川越市役所前の道路に,多数のカエルが出没しています。
 といっても,動物のカエルそのものではなく”オブジェ”です。市役所前はいま,国道254号と直結する道路の拡張工事をしています。そのため,車道と歩道を分けるよう仮設のガードレールが置かれているのですが,その支柱にカエルが抜擢されたもようです。
 同じオレンジ色をした三角形のものはよく見かけますが,カエルになっているものは初めて見ました。カエル好きはダメです。外に出ると緑色のものには敏感に反応し,緑ではなくてもこの形は見逃さず,こういうものにまでも吸い寄せられてしまいます。近づいてよく見てみると,両目を開けたものと片目ウインクしているものと2種類あって造りが細かい。信号待ちでウインクに打たれ見つめ合ってしまったあなた,きっとカエル好きに違いありません。

F1010104 F1010105

(第92号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水たっぷり鉄分補給

 終戦記念日。仕事を休んで、少しだけ鉄分の補給をしてきました。
 朝、目覚めてからの思いつきで、しかも日帰りという制約付き。寝ぼけた頭にふと巡ってきたのは、先日購入した「父・宮脇俊三が愛したレールの響きを追って」という本に登場していたJR鹿島線と鹿島臨海鉄道でした。

 鹿島線は水郷を横切る線で長大な鉄橋が多く、水をたっぷりと鑑賞することができる。とくに北浦を渡るあたりがすばらしい。(宮脇俊三「旅は自由席」より)

 この一節を思い出し、「水をたっぷり鑑賞する」べく出発することにしました。手元には地図も時刻表もなく、今日はケータイとSuicaだけが頼りです。未乗の成田線我孫子~成田にも乗るため、武蔵野線で新松戸を経由して我孫子に向かいました。
 武蔵野線の車中で、時をおいては妙な臭いが漂ってくることを感じましたが、適当に受け流していました。新松戸で常磐線に乗り換え、またもや妙臭が。イヤな予感がして恐る恐る靴の底を除くと…、「!」。踏んではいけないモノを踏んでしまっていたようです。そう、妙臭の犯人は自分だったのです。我孫子駅でチラシ片手にトイレに入り込み、直ちに除去を開始。最後は和式便器に足を突っ込み、この時点でもう、水たっぷり。おつりまで来るほどの強力洗浄にて、とりあえず一件落着となりました。
 さて、気を取り直して成田に向かい、鹿島線の電車に乗り込みます。

続きを読む "水たっぷり鉄分補給"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

スイカ高

Nec_0171 P1010624
 私は,スイカが大好物です。
 ひと夏に30個以上食べることを目標に,この時期,数日おきに1個単位で買ってきます。でんすけスイカはもちろん,入善ジャンボスイカ(写真右,重さ11kgでこれでも小さい方です)などに手を出すこともありますが,なんだかんだ言っても,ふつうに売られているふつうのスイカが一番です。
 冒頭の写真にあるような分量が我が家で(私?)の標準の1回分ですから,これを1日2回やると3日程度で1個を食べてしまうわけです。6月中旬から9月中旬にかけてこのペースで30個,ということになります。
 しかし,この私のささやかなる楽しみに襲いかかっているのが今年のスイカ高。例年,最も旬のこの時期,1000円前後,うまくいくと800円程度で2Lサイズ程度の”良物”が手に入るのですが,今年は小売価格が異様に高いうえ,品質もいまいちです。私の見立てではこぼれ落ちるようなレベルの,しかもSサイズ物で2000円弱。近所のスーパーに行っては,ため息の出る毎日です。
 かくなるうえは仕方ありません。これまた大好きなビールをガマンするしか…。といっても,10本のビールをガマンして買えるまともなスイカが1つとは。毎年,30個計画実現を困難にさせるナシやブドウも出始めて,ただでさえ軽い我が財布は,いくら補充してもザルに水を注ぐがごとし,です。

(第89号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕凪の街 桜の国

 きょう8月6日,広島原爆の日。
 その日に,さいたま市で,昨年公開された映画「夕凪の街 桜の国」の上映会がありましたので鑑賞してきました。…それからわずか数時間ですらすらと感想を書けるほど,この映画が訴えかけるものは軽いものではありませんでした。
 1945年8月6日午前8時15分。この瞬間に人の手により起こされたことは,その瞬間に広島にいた人だけを襲ったのではなく,63年経ったいまこの瞬間も人々を襲い,未だ苛まれている人たちがたくさんいるという現実。原爆投下は,けして遠い過去の歴史などではない,ということを改めてこの映画が考えさせてくれました。
 原作本は短編の漫画です。数時間で読み切れます。DVDも市販されています。2時間で見終わります。皆さんもぜひ接して下さい。

映画「夕凪の街 桜の国」OFFICIAL SITE
http://www.yunagi-sakura.jp/

F1010106 Img_2074
 原作本には2種類あります(左がオリジナル、右が文庫)。オリジナルは裏表紙まで絵が広がって装幀が美しいですし、文庫には文庫版だけのあとがきがあって興味深い。値段の差は340円。お好みでどうぞ。
 私は、これまで2回、広島の平和記念公園&資料館を訪れています。1度目は1989年8月6日、2度目は2002年3月2日でした。今度は、もっとじっくりと平和記念資料館を見学するために、子どもも連れて訪問したいと思います。

(第88号)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »