« 通りゃんせ | トップページ | 川越夕景(2) »

かえるてん

 県立こども動物自然公園(東松山市)で、6月1日まで開かれている特別展「かえるてん」を見てきました。
 今年は「国際カエル年」で、同公園もこの活動に参加するため、この展示会を開催したそうです。なお、国際カエル年のことは、当ブログでも1月30日付けでご紹介しました(http://hirotahiroshi.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_9f71.html)。

 さて、「特別展」というので、さぞかし大勢のカエルたちに会えるだろうと期待で胸をふくらませました。公園に着き会場となっている「森の教室」に行ってみると、田舎の集会所を思わせる小学校の教室ほどのスペースに、カエルたちは展示されていました。
 端っこの畳2枚ほどのスペースで、里山をイメージした水田のジオラマがあり、そこにおたまじゃくしが少々。それから、細工されたパネルに埋め込まれるように水槽が10個ほどあって、水槽と同じくらいの数のカエルがいるに過ぎませんでした。外国のカエルが多く、初めて目にする珍しいものばかりでしたが、”ところ広し”といっ080517た感は否めません。期待でふくらんでいた胸は、風船がパッと割れるように消えてなくなりました。
 同じ場所で行われた工作教室で「ピロピロガエル」を作り、それをピロピロやりながら他の動物たちを見て回りました。急に雲行きが怪しくなり、屋根のある場所でにわか雨をやり過ごしました。雨はすぐ止みましたが、遠くから雷鳴が聞こえてきたので家路につくことにしました。
 出入り口ゲートにある「かえるてん」のポスターをバックにして、係の人に家族写真のシャッターを押してもらったら、「記念にどうぞ」といろいろな鳴き声のするカエルのおもちゃを頂きました(写真中央奥)。係の人も、きっとカエル好きなんでしょう。

 川越の田んぼにも、ようやく水が張られ始めました。今年は、例年より少し遅めです。でも、夜になるともう、カエルの大合唱会が連日開催されています。

(第69号)

|

« 通りゃんせ | トップページ | 川越夕景(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/41255929

この記事へのトラックバック一覧です: かえるてん:

» 今年は国際カエル年だって [かずやんの気まぐれ日記]
今年は国際カエル年だそうです。いつの間にそんなことが決まったんだか。しかしカエル好きな自分にとっては良い年かも。こちらはシュレーゲルアオガエル。親子?それとも○尾中?w<... [続きを読む]

受信: 2008年6月 4日 (水) 22時10分

« 通りゃんせ | トップページ | 川越夕景(2) »