« 執筆環境 | トップページ | 散歩での雅と俚 »

初詣~川越大師喜多院

 今日は,風の冷たい1日でしたが,今後のスケジュールのことを考えて,初詣に行きました。
 いつものように,護摩修業を受け,不動明王札をいただきました。
 いつもはおみくじなど引かないのですが,仲間がそれぞれ別な場所で,末吉,小吉とひいて,いささか気を落としていたように見受けたので,今年は私も引いてみようと思いました。これで凶を引き当てれば厄落としもでき,”おみくじトリオ”の締めとしては,願ったり叶ったりではないでしょうか。

 がらがらっがらがらっがら……すとーん(..;)
 籤筒から籤札が地面に落っこちてしまいました。
 さてさて,九十八番か,と。
 で,どれどれ━━((゜Д゜;))━━見事,凶を引き当てました。

 それみたことか。

 喜多院のおみくじは文語体で読みづらいのですが,ごていねいにも裏面には口語訳が書かれていました。

「欲理新絲亂」080113_01
 からんだ糸の乱れを戻そうとすることが困難であるように,心の苦しみをなくそうとするのは苦難でしょう。
「閑愁足是非」
 独り静かに悩みや悲しみの多くを抱き,物事の善悪さえ見つけにくいことでしょう。
「只困羅網裡」
 魚が網にからまれて身動きが出来ぬように,もがき苦しむでし080113_02ょう。
「相見幾人悲」
 自分も周囲の人も悲しみ,悩み事が多く絶えがたい(ママ)ものでしょう。けれど信心すれば,逃れられることでしょう。

  …っていまのわたしのそのままΣ( ̄□ ̄;
  ここまで言っちゃう?御大師様!?

 でも,最後まで読むとお慰みが。
 御大師様の真言によれば,「身を慎しみ誠実に生活することにより,凶は次第に吉に転じ」るそうです。
 『南無大師常住金剛』。
 でも,信心過ぎて極楽を通り越さぬよう,ほどほどに努力します。

 あらためて。皆さま,今年もよろしくお願い申し上げる次第です。

(第11号)

|

« 執筆環境 | トップページ | 散歩での雅と俚 »

コメント

いや~笑ってしまいました。私もこれでトリオの真ん中ですね。まあ、凶は「いまが底で、あとはどんどん良くなるばかり」という前向きな解釈もあるようですから、おたがい「身を慎しみ誠実に生活」していきましょう。(改名しました。)

投稿: 末吉 | 2008年1月13日 (日) 20時59分

「身を慎む」
これがなかなか難しい。わかっちゃいるのだけど…。
だけれど,何か後悔するときは,概して「身を慎まなかった」ゆえのことが多いように思います。
慈覚大師さまにまで忠告を受けた以上,カイシン(改心・戒心・戒慎)を肝に銘じます。

投稿: 鉄まんアトム | 2008年1月13日 (日) 23時29分

「身を慎む」
なんだったら,教えましょうか?

投稿: ヤッジー | 2008年1月15日 (火) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504670/17681984

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣~川越大師喜多院:

« 執筆環境 | トップページ | 散歩での雅と俚 »