野反湖にて星に願いを

210718img_5600
 *Canon PowerShot G7 X Mark II,Manualモード,15sec,f2.0,ISO1600,0EV,RAW現像,換算24mm *撮影2021年7月18日 *撮影地: 野反湖(群馬県中之条町)

 梅雨が明けて最初の週末、上弦の月が夜半に沈み“梅雨明け十日”の星空が期待できそうな野反湖へと車を走らせました。着いたら湖一帯にだけガスが出ていてたまげましたが、しだいに晴れて、漆黒の天空を流れる天の川銀河が目で見て取れました。
 星に願いを―― こんなに数え切れないほどお星様いっぱいあるんだから、どれか1つくらいオレ様の願いを叶えてはくれませんか?(笑)

 星の達人に言わせれば、さそりが溺れちゃってるとか、いて座の足が欠けてるとか、だから願いは叶えられません!などと指弾されそうですけど、ノーファインダーのコンデジってことでどうか大目に見て下さい。お願いします。

(第1086号)

| | コメント (0)

つつじ咲き継ぐ赤城山をあるく

108501dsc02675

 例年4月から6月にかけて様々なツツジが咲き継ぐ赤城山。今年はとくに当たり年で、なるべく人と接しないよう気を配りつつ何度か歩いてきました。都度まとめ上げられぬまま時が経ってしまい記事にするのを半ばあきらめていましたが、ふとこの写真に目が行ったら、今からでも少し記録に留めておきたくなってきました。というわけで遅ればせながら――

» 続きを読む

| | コメント (0)

麦秋豊穣

210525img_4669

 麦が実りの季節を迎えています。麦秋です。埼玉北部や北関東では見渡す限りの麦畑が広がっていますが、ここ川越近辺でもところどころに垣間見られます。黄金を帯びる麦の穂たちが、初夏の風と光に靡いてさらさら鳴っているさまはなんとも言えません。

 田植えが進み水鏡はそろそろ見納め、宵の田んぼは蛙の大合唱、そろそろ梅雨の気配が濃くなってきました。

*撮影2021年5月25日 Canon PowerShot G7X MarkII 比企郡川島町伊草地区

(第1084号)

| | コメント (2)

川越夕景(53)

210519img_4519

 八十八夜を過ぎると川越は水鏡の季節を迎えます。田んぼに水が入って早いと2~3日で田植えに進んでしまうため、水鏡が見られるのはほんのいっときに過ぎません。
 おとといの水曜日、梅雨のはしりか、朝から雨がしとしと降っていましたが、夕方になって急に晴れてきました。沈む日も見られました。するとどうでしょう、空全体がいったん黄金に染まり、そのあとぐんぐん紅く真っ赤っか。見事な夕焼け出ました。

 この田んぼでは、当日か前日に田植えが済んだばかりで、まだ水鏡の余韻が残っていました。カエルの合唱に包まれながらの、幸せなひとときでありました。

*撮影2021年5月19日 Canon PowerShot G7X MarkII 川越市大東地区

(第1083号)

| | コメント (2)

株主限定プレミアムビール2021

1082img_4360

 お待たせしました、恒例、株主限定ビールの話です。今年のお題目は、「ベルギー発祥の伝統的な製法でアサヒビールが造った、飲んだ瞬間から広がるフルーティな香りが特長のベルジャンホワイトエール‥‥春~初夏にかけての陽気に、軽やかな気分でお楽しみ頂きたい‥‥特別なビール」だそうです。アルコール度数は5%でした。

 原材料を見ると、麦芽、ホップのほかに「小麦、オレンジピール、コリアンダーシード」が並んでいます。昨年に続き今年も麦芽100%を外してきましたか‥‥
 たしかに謳い文句通りにフルーティであり、軽やか、いや完全に軽い。当たり前だ、そういうビールなのだから、逆にそうじゃないと困る。小麦を使った苦みの薄いビールは最近の流行りの一つでありながら、伝統製法でもあります。爽やかさを全面に感じる優しい、明るい時間にこそ飲みたい、巣ごもりGWにおあつらえ向きのビールでありました。

【関連記事】 株主限定プレミアムビール2020 (第1065号)

(第1082号)

| | コメント (0)

春光る、みどり花あふれる山へ

108101dsc09187
 昨春は完全自粛で山での桜も新緑も見ていません。この1年で得られた客観的科学的知見に依って考え、相応の策を立てて、今春は近くの山へと出てみました。

 地元の低山にもお宝がいっぱい転がっています。山は春に光り、新緑や花で満ちあふれていました。生命の息吹を最も感じる時季です。去年のぶんまでしっかり精気を取り込めました。これでしばらくまたいろいろ乗り越えていけそうです。
108102rx_08476
*撮影2021年4月 埼玉県秩父地方の某山それぞれにて

(第1081号)

| | コメント (0)

川越夕景(52)

20210422img_4293

 もはや本シリーズは伊佐沼夕景、これで連続6回目登場であります。夕方いい雲が広がっていたんで出てみたんだけど、強い風に散ったか、雲はすっかり消え果てての落日です。そのまま沼畔でしばし乾いた風に吹かれていたら、南の方から流れてきた雲が薄ぼんやり染まりました。春の夕焼けはこんなものかなあ、普段着の、のどかな川越夕景でした。

 ところで、追っていくつか桜を取り上げる、なんて今月初め(前号で)言っていたのに、はや月末です。時間が経つと文章に取って付けた感が滲み出ます。どうせ誰も待ってなどいないだろうからもういいか、という心持ち大勢。

*撮影2021年4月22日  Canon PowerShot G7X MarkII 川越市伊佐沼

(第1080号)

| | コメント (2)

春の妖精“Spring Ephemeral”に誘われ

210327rx_06989
 この冬も頭の中は雪山一色。青と白の谷川武尊に行きたい。しかしコロナ第3波にあってずるずる見送っているうち、駆け足で春がやってきてしまいました。黄砂は降るし、雪も消えゆく一方だし、里ではいろんな花が一斉に咲き始めています。

 そんな“スプリング・エフェメラル”春の妖精に誘われ、近くの野山へ出掛けてみました。空は霞むもカタクリが丘一面を覆い、木々は芽吹き、そして山桜。もう春爛漫です。
210327rx_07086
*撮影2021年3月27日 さやま花多来里の郷/都立六道山公園(東京都瑞穂町)

 気づいたら川越の桜をもう3年も紹介していません。去年は撮影すらほとんど叶いませんでしたが、今年は少し撮りました。追っていくつか取り上げられたらと思います。

(第1079号)

| | コメント (0)

いつの間にやらボールペンでも沼の中へ

 先日パーカーボールペンのG2規格でジェットストリームのリフィル(替芯)が出ていたのを知った旨書きました。さらに調べると、同様のいわゆる低粘度油性のリフィルは他にもまだまだあって、さしあたり次の3つを取り寄せてみました。色はすべて「青」です。
  (1) Slider 755 (Schneider/シュナイダー社、ドイツ製)
  (2) easyFLOW 9000 (Schmidt/シュミット社、ドイツ製)
  (3) QUINKflow (Parker/パーカー社、当該リフィルの製造国不明)
 それらに本邦より (4) Acroball/パイロット製と (5) Jetsream/三菱鉛筆製を加え並べてみたのがこちら――
210321blueink1
 う~~ん、どれも良い色だ。一口に青と言っても各種各様。ロイヤルブルーからブルーブラック、マリン、コバルト、サファイア、日本語だと紫から紺や藍、碧、群青、瑠璃などなど。これに書き味の違いも加わります。

 調べを進めると、多種で安価なD1規格(4C)のリフィルをG2に換装するアダプタが売られていて、パーカーペンで青インクのジェストやアクロインキを使えてしまう‥‥
 考えてみれば、万年筆はインクしか変えられませんが、ボールペンはペン先や線幅も変えられます。インクを換えるにも万年筆では洗浄と乾燥に1日を要するいっぽう、ボールペンは取っ替え引っ替えご随意に。あり過ぎる自由は扱いに困ります。
210321img_3598

 以上の知見は“パーカー復活作戦”の進展で得られたものですけど、でも仕事で役立つ一番はやっぱり3色+シャープペンシルを備えた透明軸の多機能ペンではなかろうか、と‥‥ だって、軽くて色味も書き味もよく、急なインク切れの心配はないし、500円でコンビニでも買えるし、1本で全部済んじゃうんだもん。問題は見映えだけ。あれ?作戦は??

 やばいな‥‥これぞ紛れもなく沼じゃないか! ただし今ならまだ軽傷。(笑)

(第1078号)

| | コメント (0)

だんだんに増えるスケルトン万年筆

 前号からのつながりで今度は万年筆の話。いわゆるスケルトン、軸やキャップが無色透明の万年筆にハマって4年超、だんだんに種類や本数が増えています。

 万年筆に高価・高級のイメージを持つ人が多いでしょうけど、私が主に使っているペンは実売千円以下。最も安いものは300円もせず、インクを入れるコンバーターの方が高いペンもあります。こうした廉価品のペン先はどれも鉄ですが、書き味はバカにできません。金ペンとブラインドテストしたら答えに迷うかもしれず、品質の高さは折り紙付きです。

 万年筆はインクを楽しむ筆記具でもあります。スケルトンのペンには、装填するインクの色合いを常に見ていられるところに大きな魅力があります。もはや底なし沼の様相であります。

1077010img_3489
写真は手持ちのスケルトン万年筆たち。一番上(ヘリテイジ92)を除きペン先はすべてステンレス。本文で紹介した品が2番目の「preppy」(プレピー、プラチナ社製)、3番目は以前紹介の「safari」(サファリ、ドイツLAMY社製)、そして一番下が「kakuno」(カクノ、パイロット社製)の各無色透明モデル。

1077020img_3498
** 万年筆最大の弱点はインクの乾燥による目詰まり。preppyは格安品にして(だから裸売りだけど…)キャップに水分の蒸発を防ぐ新開発『スリップシール機構』を備え、kakunoのペン先は上位モデルと同じながら遊び心があります。ペンが転がらぬよう工夫も施され、すばらしきJapanMadeなり。

(第1077号)

| | コメント (0)

«たかがボールペンの替芯、されど