RX100M6、みたび修理

114201img_3244
 自称コンデジフォトグラファー。1台で何でもこなせる万能レンズ、筐体はできるだけ小さく、でもセンサーは少しでも大きく、そんなカメラを渡り歩いてきました。老眼が進んだいまはファインダーも必須です。
 最後にカメラを買ったのが2019年4月のSONY RX100M6。その4か月後にAF機能を強化したマイナーチェンジの後継M7が発売され、その後、新機種の発表・発売がありません。CANONも同様で、5年前のカメラがいまだ“最新機種”で時価は約17万円もします。

 そんな状況ですからM6を使い続けているところ、調子が悪くなりました。電源は入るけどシャッターが切れない、カメラの操作も一切できない、という事態。3年前と同じ故障です。
 とりあえず修理に出し、気付いている他の不良箇所を申告し、ほかに異常がないか点検もしてもらいました。すると‥‥
11420220240602112423_00001
 結論から言うと、上記のとおり、税込み総額83,897円の修理となりました。
 発売から6年も経っているカメラにこんな大金叩いた理由は次のとおり。

≪理由その1≫ 最低でも電源回りだけは直さないとカメラとして使い続けられない。直さないなら何か買わないといけなくなる。いまM7を17万も出して買いたくない。となると最低修理26,521円は避けて通れない。

≪理由その2≫ 新機種が出て買い替えてもサブのカメラは必要で、同種・同程度のカメラは26,521円はおろか、83,897円出しても買えない。そもそも新機種など出そうにもない。

≪理由その3≫ 最低修理と完全修理との差額57,376円はファインダーとレンズへの異物混入による部品交換の費用の差で、前者は不便なだけで撮像に影響しないが、後者はわずかといえど撮像に影響する。サブとして使う以上は万全にしておくべき。

 こうして我がRX100M6には3度の修理で買った値段以上のお金を使いました。コンパクトデジカメはスマホに取って代わり、半導体不足やら円安やらにも追い打ちを掛けられ、機材の更新もままならないこうした状況はまさに「コンデジ難民」です。やがて修理もできなくなればお手上げです。年貢の納め時なのでしょうか。

(第1142号)

※※ 7/4追記 ※※
この修理を巡って後日談あり さしあたってコメント欄の上から2つ目ご覧ください。

| | コメント (3)

株主限定プレミアムビール2024

 恒例、株主限定ビールの話。今年のお題目は<フルーティで華やかな香りのドリンカブルなIPA‥‥特別なホップ「Centennial」を採用することで、IPAらしいホップ香がありながら、適度な苦味にすることで、爽やかな飲みごこちを実現‥‥した特別なビール>だそうです。前年に続き、アルコール度数は5.5%、原材料は麦芽とホップのみでした。
 なお、「IPA」には※で説明書きが添えられ、「インディアペールエールの略。上面発酵酵母を使用し、苦味強め、アルコール高めで香りが特徴のビールとする」と。
114101img_3155
 さて、お味は‥‥
 IPAの王道をゆく看板どおりのお味。ごくごく喉越し良く、ぱあっと花が開いたあとに苦味の余韻もやってきて、じつにおいしく頂きました。ただ、いま流行りのクラフトビールや限定醸造ものの多くはどれもこの路線のようで、流行っているだけに、もはや目新しさも意外性も‥‥

114102
 前年に続き、添えられている「株主の皆様へ」(※上記左側)を今年も引用。

 社長として「グローバルにベストプラクティスを共有」して「企業価値向上を目指」すとの決意表明のようですが、話が極めて抽象的で、しいて具体性のある話と言えば「新会社をシンガポールに設立する」ことだけです。しかし前置きの文節が意味不明ゆえ、この具体性も打ち消されてしまっています。せっかくのおいしいビールが‥‥
 まずはこの欄=株主への語りかけ=からベストプラクティスでやってもらいたいです。

【関連記事】 株主限定プレミアムビール2023 (第1117号)

(第1141号)

| | コメント (0)

5年ぶり、芽吹くブナを求め玉原高原をあるく

114001dsc02426
 新緑第3弾は玉原のブナ林へ。前週の奥多摩三頭山に続くブナ新緑で、5年前よりも1週早く芽吹きにワンチャンあるかもと企んではみたものの、その5年前より遅れる感じの季節の進み具合でした。
 それでもまだまだ若い緑で、枝越しに残雪を抱く山並みも見えて、上信越の、奥多摩・奥武蔵では得られぬ景観を楽しんだ1日でした―― (※以下写真21点の長編)

» 続きを読む

| | コメント (2)

6年ぶり、ブナ若葉光る奥多摩三頭山をあるく

113901dsc01729
 芽吹きから新緑へと移ろう萌葱の頃のブナを求めて奥多摩三頭山へ。企んでいたGWの訪れが叶わず1週遅れとなり、案の定、もうすっかり若葉の頃合いでした。雪を抱く富士山を見ておきたいの思いもあり、こちらの企みは大成功。
 新緑は全体的にはまだまだフレッシュで、この時期の三頭山や春のブナ林は6年ぶりでしたから、富士山を見てはにやにや、ブナを見上げてはにやにや、もうにやにやが止まりませんでした―― (※以下写真23点の長編)

» 続きを読む

| | コメント (2)

7年ぶり、新緑の奥武蔵蕨山をあるく

1138_01_dsc00990
 2024GW前半、7年ぶりに奥武蔵の蕨山の王道コース(名郷~蕨山~金比羅尾根~さわらびの湯、約10km)を歩いてきました。
 例年であれば、アカヤシオにイワウチワを愛でつつ、山桜と萌葱のみどりのなかを歩くところ、今年は早い。とにかく早い。桜は散り、スミレは萎れ、ツツジも裏年――

» 続きを読む

| | コメント (0)

続・春の嵐がもたらす桜みやび

240410dsc08914
 前日の嵐は夜更けまで続き、事務所の窓にも花吹雪が当たっていました。翌朝起きて公園を見てみると、風雨を耐え抜いた桜たちが朝日に輝いていました。ラジオ体操前のひととき、小さな水溜まりが大きな仕事をやってのけてくれていました。
 こうして散り残った南台ふじみ公園のソメイヨシノは、その後、週末頃までみんなを楽しませてくれました。
240412dsc09381
*撮影2024年4月10日・12日 南台ふじみ公園/川越市南台三丁目

(第1137号)

| | コメント (0)

春の嵐がもたらす桜みやび

240409dsc08822
 事務所の目の前にある南台ふじみ公園のソメイヨシノ。ようやく満開になったところで春の嵐に襲われ、まだお花見前なのに、だいぶ飛ばされてしまいました。
 雨の止み間に覗いてみると、飛ばされた花たちで一面埋め尽くされており、ただ散り果ててしまうこともなく、これはこれで年に一度か二度の雅な光景です。雨に濡れた花筏は透きとおっていました。
240409dsc08876
*撮影2024年4月9日 南台ふじみ公園/川越市南台三丁目

(第1136号)

| | コメント (0)

春うらら、梅ノ木桜堤にて

240407dsc08683
 桜が咲いて最初の週末、家族で隣町川島の梅ノ木桜堤を歩いてきました。花見には付き物の喧噪とは無縁の穴場で、主に聞こえるのは、鳥のさえずり、蛙の鳴き声、そして風の音。のんびり車いすを押しながらの、春うららかなる日和でありました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

春霞の雑木林、芽吹きの頃

240404dsc08272
 歩いて5分ほどの事務所近くの雑木林。今年は3月末でもまだほとんど芽吹かず、なのに4月に入るやパッとヤマザクラが咲いて、木々も芽吹きだしたかと思ったら、あっという間に新緑です。春もみじが楽しめるのは年にほんの数日しかありません。

*撮影2024年4月4日

(第1134号)

| | コメント (0)

なごり雪でウヒョ~ムヒョ~の赤城山へ

240327dsc077741
2年&2季ぶりの雪山、赤城山主峰黒檜山~駒ヶ岳の稜線にて
撮影2024年3月27日 Sony RX100M6/SILKYPIX DeveloperStudio Pro11

 2年ぶり&2シーズンぶりに雪の赤城山に行ってきました。前日は降り始めが雨で、しだいに風雪へと変わったようで、なごり雪と言うには苛烈な、厳冬期さながらの積雪量・雪景色に塗れました。

 ふと天の声が聞こえます。翌日晴れれば好機。スケジュールは空いている。もう2年も雪山やってない。おそらく今季最後のチャンス。いいかげん重い腰を上げろ。などなど‥‥
 そうして翌朝現地に着いてみると山は雲の中。やっちまったなーと思いながらも荒れているわけではないから歩いていくと、昼を過ぎ、しだいに雪晴れに。ひと味もふた味も違った光景や雪の多さにウヒョ~ムヒョ~が止まりません。

 足元には雪庇やシュカブラ、木々は雨氷、着雪、霧氷がキラキラ輝き、さながら雪氷造形の美術館でしたが、とりあえずはこれ1枚だけご紹介。時間が取れればまた振り返ります。

(第1133号)

| | コメント (0)

«往復24kmママチャリロードでカタクリ詣